【GBC(german body composition training)で効率的トレーニング】仙台パーソナルジム監修

仙台市青葉区パーソナルトレーニングジムCOMPのロゴ

多くの場合、おそらく私のように筋トレに関することがそもそも仕事であることは少なく、筋トレは体型や健康維持のために重要であるから仕事や家事の合間なるべく時間を作って取り組んでいるのではないでしょうか。

一部の筋トレマニア以外は筋トレはすっきりするし、体型も変えられる筋トレは素晴らしいけれども可能なら短い時間で最大の効果を引き出したいと考えているはずです。実際に私も自分自身で経営しており、筋トレも好きだから行いますがそうそう毎日何時間も筋トレに時間を割くわけにはいきません。

そこで、時間をなるべく短く筋トレの効果を最大限引き出し、体型を変えるために有効なテクニックの一つGBC(german body composition training)の出番です。

パーソナルジムCOMPではお客様の目標や課題に合わせて様々なトレーニングプログラムを構築し、提供しています。その中でも特に体脂肪率を下げつつ筋肉量を増やしたいという方によく使用するトレーニング方法こそGBC。

今回はGBCについて詳しく説明していこうと思います。

GBC(german body composition training)とは

GBCはgerman body composition trainingの略で、上半身と下半身のエクササイズなどを組み合わせたスーパーセットのような形のプログラムの組み方です。

一般的に多用されるスーパーセットでは以前の記事でも紹介しましたが、拮抗筋(上腕二頭筋と上腕三頭筋のような裏表の関係性になるような筋肉のこと)を同時に鍛えることで片側の筋肉を使っている時に、もう片方の筋肉を休めることができるので種目間やセット間のインターバルを少なくしつつも強度をあまり下げることがなく効率的にトレーニングできるセット法の一つです。

一方、GBCでは拮抗筋ではなくより関係性の低い上半身と下半身の筋肉を使うエクササイズを組み合わせることでより。さらにパーソナルジムCOMPでは下半身の押す種目と上半身の引く種目と全く動作が異なる筋肉を使い連続したトレーニングでもどちらの種目でもなるべく強度を下げずに完遂できるような形にしています。

【GBCのセット例】

A1)ブルガリアンスクワット10回×3セットー1セットが完了したら60秒休憩をはさみA2へ移行。A2)チンアップ10回×3セットー1セット完了したら60秒インターバルをはさみA1を再度実施。

GBCのメリットは上半身と下半身のエクササイズを組み合わせることで、両方のエクササイズで強度を落とさず実施できるため筋力や筋肥大効果を妨げることなく、時間効率を上げることが可能ということ。また、運動量が増えるため通常のトレーニング方法と比べて、より脂肪の燃焼量が増加します。

GBCの注意点

GBCでは短時間に非常に多い数のエクササイズを実施できます。これはメリットでもあるのですが時にデメリットにもなりえます。

例えばまだ運動経験が浅い方であれば、疲労感や呼吸の困難さにより強度が落ちてしまう場合があります。さらに連続したエクササイズによってテクニックの乱れが現れる可能性も。そのためある程度のエクササイズへの習熟と体力は確保できてからGBCを導入するのが好ましいでしょう。

まとめ

パーソナルジムCOMPでは完全個室ですべてのトレーニング機材をお客様1人だけで独占し集中したトレーニングの時間をお過ごしいただけます。

本気でカラダを変えたいならぜひパーソナルジムCOMPへ。

お問い合わせはこちら↓