これでもう迷わない!パーソナルトレーナーがおすすめするプロテインメーカー3選

先の記事でおすすめのサプリメントというような記事を投稿しました。

その中でもプロテインは多くのトレーニーにとって最も興味のあるサプリメントではないでしょうか。

しかし、その反面ニーズがあるぶん多くのメーカーからプロテインが販売されており、消費者である我々からすれば「一体どこのどの商品を購入すればいいのか?」と悩みの種になっている側面も。

そこで本記事ではパーソナルトレーナーとして、そしてイチトレーニーとして個人的におすすめするプロテインをご紹介していきます。

・どんなプロテインを選んでいいかわからない
・現在飲んでいるプロテインが自分に合っているかわからない

このような方はぜひご一読ください。

プロテインとはなんなのか

そもそもプロテインってなんだっけ?という方向けに説明します。

プロテインとは簡単にいうと「純度の高いたんぱく質」のこと。

純度が高いとはどういうことかというと、プロテインは牛乳や大豆など高タンパクな食材を原料としてそこから余計な脂肪分などを取り除いて摂取しやすい形にしたものです。

ちなみに余談ですがプロテインの語源はギリシャ語の「最も大切な、第一の」を意味するプロテイオス。つまり、たんぱく質はそれだけ重要な栄養素であるということがわかりますね。

たんぱく質の役割と重要性

たんぱく質は筋肉はもちろん、髪や皮膚、爪、各臓器など体のあらゆる部分の材料になる栄養素です。

筋肉という部分にフォーカスすると、十分な量のたんぱく質摂取は筋肉量の減少を低下させることが知られています。

特にダイエットに取り組んでいる際は消費エネルギーに対して摂取カロリーが不足した状態となり、脂肪だけではなく筋肉からも分解してエネルギーを作り出そうとするので筋肉量が減少しやすくなります。しかし、たんぱく質摂取量を増やすことでこの減少する量を低減することが可能となっており、綺麗に体型を維持しつつダイエットしたい方には非常に重要度が高くなってきます。

プロテインを摂る意味

プロテインはいわずもがなたんぱく質のこと。

たんぱく質であれば、様々な肉や魚から摂取できるのだから食品で摂ればいいのでは?と思う方もいるでしょう。

もちろん、その通りでたんぱく質を摂取するという意味では肉や魚などからの摂取でかまいません。

では、あえてプロテインを飲む理由はどういうときか

それは
・摂取カロリーを抑えつつ、たんぱく質量を十分に確保したいとき
・小食で肉や魚から十分な量のたんぱく質が摂れない
・コストを抑えたい

上記のような目的の方は食事だけではなく、上手にプロテインを活用すると効率的にカラダづくりをすすめることができるでしょう。

摂取カロリーを抑えつつ、たんぱく質量を十分に確保したいとき

たんぱく質は主に肉や魚、大豆などに多く含まれています。

これらからたんぱく質を20g摂取しようとすると以下のような摂取カロリーになります。

・牛ひれ肉 123kcal
・鯖水煮 310kcal
・豆腐 150kcal

これに対してプロテインは
・プロテイン 70~100kcal

食品から摂取する場合と比べてプロテインでタンパク質を補おうとするとかなりカロリーを抑えることができることがわかります。

特にダイエット中であれば摂取カロリーを抑えたいと考えるのが通常でしょう。そう考えるとプロテインでのたんぱく質摂取は非常に理にかなっているといえます。

小食で肉や魚から十分な量のたんぱく質が摂れない

肉や魚からたんぱく質を十分な量を摂取しようとすると、そこそこな量を食べなければいけません。

日本人の食事摂取基準によれば、18歳以上の男性で65g、女性で50gとされておりこの量を摂取しようとすると、コンビニで売られているサラダチキン2~3枚ほど食べなければなりません。

さらにこれが増量やダイエット期となれば、さらにたんぱく質の必要量は増加するのでもっと多く食べることに。

となると小食な方がこの量を肉や魚から食べるとかなり大変な作業になってきてストレスも多くなってしまいます。

プロテインであれば、軽くジュース感覚で摂取することができるので小食な方でもストレス少なくたんぱく質の必要量を満たすことができます。

コストを抑えたい

商品にもよりますがたんぱく質20gを摂取するようにプロテインを飲んだ場合、70円前後で費用を抑えることができます。

これを肉や魚で摂取しようとするとその倍以上のコストがかかってきますので、たんぱく質は摂取したいけどコストは抑えたいというときにプロテインが活躍します。

プロテインの選び方

プロテインとひとくくりにされていますが、同じプロテインという商品でもホエイプロテインやソイプロテイン、エッグプロテイン等々、非常に多くの商品が存在しています。

そこでまず商品を紹介する前に自分にとってどんなプロテインがいいのか、その選び方のポイントをいくつか紹介していきます。

ポイント①価格

当然ですが価格は大事な購入の判断基準になります。

いかにいいものでも自身のお財布事情に見合わない価格であれば、継続が困難で恩恵を実感できずに終わってしまいます。

ポイント②味

価格と同様で味が好みかどうかは継続できるかどうかにかかわるので重要です。

最近では非常にバリエーション豊かな味のそろえ方になっており、いろいろ探してみると好みの味があるはずですので、ぜひたくさん試したり、レビューを読んで探してみてください。

ちなみに個人的にはブルーベリーなどの酸味強めのさっぱりとした甘さのものが好みです。反対に苦手なのはがっつりと甘い甘さのミルクティーや黒糖などの味付けのものです。

ポイント③乳糖不耐症の有無

急に難しい感じになりましたが、これはどういうことかというと「乳製品をとるとお腹がゴロゴロなったり、張って苦しくなったりしないか」が判断基準になってきます。

牛乳には乳糖と呼ばれる糖が含まれており、通常であればこの乳糖が体内に入ると小腸でラクターゼと呼ばれる酵素によりブドウ糖とガラクトースに分解され、その後吸収されるのですが、乳糖不耐症の場合ではラクターゼが欠乏しており乳糖を分解することができず体内に吸収することができず、下痢などの症状を引き起こします。

乳糖不耐症の方の場合、原料に牛乳を使っていないソイプロテインやエッグプロテインなどを使用するか、牛乳を使用したプロテインでもWPC製法ではなく、少々高価格になりますがWPI製法やWPH製法と呼ばれる、通常の製法よりも精製されより乳糖などの不純物が少ない製法のものを選ぶようにしましょう。

個人的おすすめプロテインメーカー3選

長々書いてきましたが、ここで私が実際に飲んでみてよかったプロテインを3つご紹介しますので皆さんのプロテイン選びの参考にしてください。

※あくまでも実際に購入してみて、個人的に感じた印象からこの3社選んでおります。アフィリエイトなどではございませんのでご安心ください。

エクスプロージョンバルクスポーツマイプロテイン
価格やすいふつうやすい
たんぱく質1gあたりの価格やすいふつうやすい
良い最高バリエーション豊富
乳糖不耐症向け製品ありありあり
公式HP公式HP公式HP公式HP
プロテインメーカー比較表

様々なプロテインメーカーのプロテインをこれまで飲んできましたが、個人的にはこの3社の中で選べば外れは少ないかなといった印象です。

大雑把な各社の特徴の説明としては

・エクスプロージョン
→高コスパで国内製造の安心感!

・バルクスポーツ
→味とコスパのバランス感最高なバルクスポーツ!WPI製法などはもちろん食感なども楽しめる新感覚プロテインやヴィーガン向けなどあらゆるニーズに応えられる守備範囲の広さが強み。

・マイプロテイン
→味や価格帯の豊富さ、プロテイン以外もサプリメントが豊富でここでトレーニー必須のサプリはすべてそろうのでは?というバリエーションの豊富さがすごい!

まとめ

正直、さきほどの3社以外も非常に美味しかったりコスパに優れた商品を出しているメーカーはあります。あくまでもこれまでに飲んだ中で美味しかったりコスパ良いなと感じたところのもので気に入ったところを紹介しました。

今回の記事を参考にしつつ、いろいろ試してみて皆さんのお気に入りのプロテインを探してみてください。