こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

トレーニングを開始するにあたって、まずは減量を行って脂肪を落としてから筋肉をつけるために増量すべきなのか、それともまずは増量をして筋肉をある程度つけてから減量に入るべきなのか。筋トレを始めたばかりの方やこれから始めようと思っている方はこのような疑問を抱いたことはありませんか?

結論:どっちでもいい!

結論から述べますと「どっちでもいい」です。

なんだか適当な感じの答えで申し訳ありませんが、実はこの減量から始めるべきなのか、それとも増量から始めるべきかについてははっきりとした結論が出ていません。

世間ではトレーニング初心者はいわゆる初心者ボーナスと言われる筋肉量や筋力が伸びやすい時期であるからまずは体重を増やして筋肉量の増加をなるべく最大化させるべきという意見や、海外では過体重の方などは脂肪の影響でインスリン感受性が低下するために、筋肉へ栄養が届きにくく筋肥大しづらいから、まずは減量によって余分な脂肪を落としてから増量して筋肉量を増やすべきであるとする意見もあります。

「減量を先に行った方が筋肥大効果が高い」は根拠が不十分

減量を行い体脂肪率を下げてから、本格的な増量期に入った方が筋肥大効果が高くなるという意見は、ある実験が根拠となっています。しかし、その実験では被験者がトレーニング経験の無い方であったことや、過食の方に対しての実験であったことから、その他の人に対しても同様に減量からトレーニングを開始して体脂肪率を低下させてからトレーニングで増量すべきかははっきりとわかっていません。

参考文献はこちら

モチベーションを高く保てる方法を

これは完全に個人的な意見になりますが、減量から始めるか増量から始めるかはその方のモチベーションがどこにあるかで決めればよいと思います。

例えば、ボクサーのように引き締まった筋肉質な体を目指している方が増量から始めてしまうと、イメージとは正反対の筋肉の上に多くの脂肪が乗った体型になってしまい、モチベーションの低下へつながりかねません。また反対も同様で、体を大きくして筋肉量を増加させたいと思っている方を減量からトレーニングを始めてしまうと思うように筋肉量も増えないし、筋力も伸びない可能性が高くこれもやる気を削いでしまう原因となってしまいます。

トレーニングで最も重要なことは継続すること

どんなに素晴らしい器具や場所、正しい理論を備えていたとしてもトレーニングでは継続することができなければ絶対に結果は出ません。

自分が思い描く姿や目標から大きく外れた行動をとってしまうと、なかなかモチベーションを保つのが難しくなります、人にとって継続することは非常に難易度の高いことでもありますから、まずは自分の理想に近づく行動をとって変化を実感できるようにして、そこでトレーニングに対するモチベーションの向上や効果への信頼をより確かなものとしてから、今度は減量なのか増量か、反対の行動へ移ってみると良いでしょう。

初心者ボーナスは減量中でも得られる可能性大

一般的に筋量を増やしたい時期は食事の量を増やして、体重を増加させながらというのがセオリーですが、初心者の場合は必ずしもそうではありません。減量時はより多くのタンパク質量を摂取する必要がありますのでしっかりとその必要量を確保しながら、アンダーカロリーにして充分なトレーニング量を確保できていれば減量中であっても筋量を増加させることは可能です。

そのため、初心者のうちは増量であっても減量であってもある程度のトレーニング効果は得られる可能性が高いため、とにかく継続しやすいようにモチベーションを高く進められるような選択を擦ればよいでしょう。

まとめ

トレーニングを始めるにあたって、減量を行ってまずは体脂肪を落とすか、それともなるべく筋肉量を増やしたいから増量から始めるのか迷ったときには、ご自身がモチベーションを高く保てる方法を選択しましょう。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP