こんにちは!
仙台市青葉区にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

皆さんはダイエットを開始して、一時的に体重が落ちたけどだんだんと減少幅も緩やかになって、しまいには体重の減少が止まってしまいダイエットが停滞してしまった!なんて経験をされている方も多いのではないでしょうか。

ダイエットの場合、基本的に摂取カロリーよりも消費カロリーを多くするために、まずは食事の量を減らすことに着手する方が多いかと思います。しかし、しばらくこの低カロリーの状態を継続していくとだんだんとエネルギーが枯渇しているために活動するための意欲が出なくなったり、活動時の強度が下がってしまい思ったいたよりも摂取カロリーと消費カロリーの差が大きくなくなってきてしまいます。

人間の体は恒常性が働いている

人間はなるべく体の置かれている環境を変化させないように、常に同じ状態であろうとします、このことを恒常性もしくはホメオスタシスなどと呼びます。この作用によって私たちは体温をはじめとした体内環境を適宜その環境に適応させるようにして生命活動を維持しています。

しかし、ことダイエットにおいては実はこの恒常性によってダイエットが阻害されている側面もあります。それは先ほどお伝えしたように低カロリーを継続している場合です。ダイエットを行い体内に入ってくるエネルギーが減少した状態が続くと体は省エネで動くようになっていきます。つまり、運動を行わないようにするか、発揮する力を出せなくして運動強度が上がって消費エネルギーが増大するのを防ぐわけです。

このような理由によって、実はダイエットでカロリーを抑えているのに時間が経過するにつれて体重や体脂肪の減少ペースが鈍化してしまったり、停滞してしまうというわけです。

では、どのようにしたらこの恒常性による影響を抑えてダイエットを順調に進捗させることができるのでしょうか。

恒常性を騙すテクニック

恒常性による影響を防ぐ食事の方法はずばり「サイクルダイエット」です。

サイクルダイエットとは、普段まいにちの摂取カロリーをある程度の範囲でほぼ一定に保っている場合、その摂取カロリーに変化をつける方法です。

具体的には、一日の摂取カロリーが2,000kcalに抑えたい方が毎日2,000kcal摂取しているとします。これを3日スパンで区切って食事からの摂取カロリーを調整していきます。この方が3日間で摂取するカロリーは6,000kcalとなります、現在はこれを均等に毎日摂取しているわけですが、これを各日で変化をつけるように割り振ってあげるのです。例えば、最初の1日目と2日目を1,500kcalの摂取に抑えて、3日目にそれぞれ削った分のカロリー(500kcalずつ、計1,000kcal)を加えた3,000kcalを摂取するという方法です。

この方法をとることで、恒常性による消費カロリーの低減をなるべく抑えることが可能となり、また2日おきに摂取カロリーを増やしてかなりの量を食べられることからダイエット中に生じやすい食事への不満も非常に軽減できるようになるでしょう。

カロリーの増加分はなるべく炭水化物で

ただし、この摂取カロリーを増やした日の食事にも少しは気を使ってあげるとより高い質のダイエットが可能となります。

もちろん、摂取カロリーを増やすために脂質を多く含んだ食事でも構わないのですが、これでは非常にもったいない食事であると言えます。脂質は非常に消化吸収に時間がかかって内臓へ負担を与えるため胃もたれなどの危険性があります。

ダイエット中はエネルギー不足でトレーニングの質が低下しがちです。しかし、摂取カロリーを増大させた日にしっかりと炭水化物を摂取することによって即効性のあるエネルギーが補充されトレーニングの質の向上へ貢献してくれることが考えられるために、サイクルダイエットの摂取カロリーを増加させる日は炭水化物でしっかりとカロリーを増やすべきでしょう。

摂取カロリーを増やす日は弱点部位もしくは脚のトレーニング

摂取カロリーを増やした日はより高い強度でのトレーニングが可能となるでしょう。そこで、その日は弱点としている部位のトレーニングかもしくは脚などの大筋群を鍛える日に割り振ってあげるといいです。

弱点の部位は非常に発達しにくく、減量時は筋肉量が減少しがちです。しかし、減量中でも高い質のトレーニングが可能となれば減少を抑えるかもしくは肥大させることすら可能かもしれません。また、脚トレなどの大筋群のトレーニングも非常にエネルギーを必要とするので、脚トレもこの摂取カロリーを増やした日に行うのがベストでしょう。

まとめ

ダイエットで摂取カロリーを抑えたとしても、なかなか思うようにダイエットが進まないこともあるでしょう。しかし、今回のサイクルダイエットを参考に普段の食事も変化をつけることで停滞をだはできる可能性が高くなります。もし、今停滞で悩んでいるのであればぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP