こんにちは!
パーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

皆さんはご自宅に体重計をお持ちでしょうか。ダイエットを始めようと思ったあなたはもちろんすでに購入済みですよね!しかし、この体重計ですが、なかなかにストレスの現況になってしまっていることはありませんか?

昨日はいい感じに体脂肪率が減少していたのに、今朝計ったら逆にめちゃくちゃ増えていた!なんて経験をしたことがある方も多いかと思います。お客様の中でも非常に同じような経験をしてかなりモチベーションを左右される方も少なくありません(その気持ちは非常にわかりますが)

しかし、実は一般的な体組成計(体重計に体脂肪率やそのほか体の状態を計る機能が付いたもの)は簡単に様々な情報がわかるため大変便利で重宝するのですが、実はそのデータはすごく信頼性の高いものではなかったりもします。そのため、一日一日の数字の上下にはあまり一喜一憂してほしくなく、1週間やさらに長期的なスパンでの推移を見てほしいと考えています。

体脂肪率の計測方法はインピーダンス法

基本的に私たちの日常で使うような体重計についている体脂肪率を計測する方法として用いられているのが「インピーダンス法」と呼ばれる方法です。

このインピーダンス法とは、体に微弱な電流を流してその電流の流れやすさの差をみているというものです。人間の体を構成している筋肉や脂肪はそれぞれ電気の流れやすさに差があります。筋肉は比較的水分を多く含んでいるため電機は流れやすく、反対に脂肪はほとんど水を含んでおらず電気を通さない性質を持っています。インピーダンス法では、この筋肉や脂肪の電気の流れやすさの差を利用してその筋肉量であったり体脂肪の量を計測しているのです。

インピーダンス法は誤差が発生しやすい

インピーダンス法では先ほど説明したように、電気を流してその組織ごとの電気の流れやすさの差を求めて体脂肪率などの数値を決定しています。この方法はかなり手軽で素晴らしいのですが大きな欠点として誤差が発生しやすいことが挙げられます。

電気を流すという性質上、例えば浮腫んでいたり汗ばんでいるなど体内に一時的に水分量が多い状態であったり、体表面が濡れているよな状況では非常に筋肉量が高く出る場合があります。また、食事の内容によっても胃や腸のン愛用物でも大きな差が産まれる原因となります。

このようにちょっとした要因で数値に誤差が発生しやすいのがインピーダンス法を用いた計測方法の弱点になります。

体の変化は推移でみるべし

しかし、なかなか体脂肪率などを数値化してくれる便利なアイテムがないのも現実です。

そのため、体組成計を活用する場合は1日の体重の変化に目を向けるのではなく1週間や2週間、さらには1ヶ月などの長期スパンで記録をつけて体重や体脂肪が減少傾向にあるか増加傾向にあるかの推移でみるようにしましょう。こうすることで、点での評価はできませんが長期的な線での評価は可能となります。そうすることで、具体的な数字までは評価できなくとも体が減量へきちんと向かっているかなどの確認をすることは可能です。

周径囲や写真での変化の確認も◎

また、見た目での変化を重視したい人には周径囲や写真での変化を観るのもお勧めです。

周径位は気になる部位に対してメジャーを使用して、どのくらいの距離があるか測る方法です。これはある程度測定に慣れていないと誤差が発生しやすい方法ですが、逆になれてしまうことで非常に安価に実施できる方法ですので少しづつ練習して慣れておくのは良いかと思います。

写真については、とにかくなるべく撮影するタイミングと撮影場所だけしっかりと固定しておけば誰でもできます。また、この方法ではなかなかすぐには変化は見えませんが反対に変化が写真で分かるようになると非常にトレーニングへのモチベーションも高まるので初心者の方には最適かもしれません。

また、体組成計での測定も含め全てなるべく朝起床後のトイレ後に行うのを推奨します。夜などだと日中の食事や運動など様々な要素で数値に変化を与える可能性が出てきてしまうので、基本は外的な要因に左右されにくい朝を選択するようにしてください。

まとめ

体組成計は非常に便利な反面、誤差も生まれやすいのも事実です。使い方としては基本は長期スパンでの推移をみるためのものと割り切って、あまり1日ごとの変化に一喜一憂しすぎないようにしていきましょう。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP