こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

よくお客様と食事に行ったりすると「そういうのも食べるんだ!」と驚かれることがあります。例えばうどんやラーメンなどはその典型例ですね。

そのようなものを食べると体に悪いんじゃないの?と聞かれることがありますが、たしかにその通りで本当に筋肉のことやダイエットを考えるなら食べないことにこしたことはないかもしれません。ですが、実際にそのような考えで食事や生活をしていくことは可能でしょうか?

ダイエットやボディメイクの最重要ポイントは継続

タイトルにもありますが、体を変えていこうと考えるならまずは継続することこそ重要なのです。どんなに素晴らしい方法論や技術を持っていてもそれを継続して行っていかなければ結果はついてきません。

私も以前はサプリメントをたくさん買って色々と試してみたり、食事も毎日鶏肉をタッパーに詰め込んで同じような食事でカロリーや栄養素を管理していたときもありました。しかし、そのような生活はたしかに体は変わりますがそれと同じようにストレスもたまっていってしまい、苦痛も感じてしまった経験があります。

そこから、ある程度食事に関してはゆるく考えるようになっていき今は「しっかり動いて、しっかり食べる(減量期は節制しますが)」という風になっています。

実際にそのような食事や思考であっても今の私は以前の自分よりも扱える重量も上がっていますし、体組成の測定記録でも過去一番筋肉量が増加しており非常に良いコンディションにあります。これもストレスを最小限にして今も正しいトレーニングとある程度健康的な食事を継続できているからに他ならないと思っています。

ポイントを押さえれば食べて良い食材は沢山ある

これまでの記事でもダイエットにおススメの食材などを紹介していましたが、もちろんそれだけ食べろというわけではありません。

例えば、炭水化物であれば蕎麦や玄米のような黒っぽいものを推奨していましたが、うどんやパンでも工夫すれば問題ありません。うどんであればワカメうどんを、パンであればサラダセットにするなどして最初にワカメやサラダを口にすれば急な血糖の上昇を抑えることができますし、ここに鶏肉や卵などをトッピングすることで同時にタンパク質を摂ることができて不足していた栄養を補うことは十分に可能となります。

仮にお店のメニューにないならばあとでコンビニでその栄養を補えるようなものがあれば、それを口にすればよいだけのことです。

基本はおさえつつ遊びをもって

もちろん正しい食事や運動を行うことにこしたことはないのですが、それだけでは続きません。食事に感じていえばやはり美味しいものは世の中沢山ありますし、それらを食べることを放棄してしまうことは非常にもったいない。

ですから、しっかりと基本的な栄養を摂取することやトレーニングを充分に行うことなどは行いつつその中に時には好きなものを食べるように遊びを作ることも大切なのではないでしょうか。

まとめ

ダイエットや体づくりのために食事やトレーニングを頑張って取り組もうと思っている方も多いでしょう。ですが、あまり急に根詰めすぎると途中で息切れしてしまい続かなくなってしまいます。正しい知識を基にある程度ストレスが溜まりにくい中で遊びをもって取り組んでいただけると長期的にみて成功しやすいのではないでしょうか。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP