こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

様々なダイエット方法が溢れている昨今ですが、その中でもフルーツだけ食べるダイエットが流行った時期もありましたね。フルーツはビタミン豊富ですしなんだか健康に良さそうなイメージがありますし、何より美味しいですからそのようなダイエット方法が出てくれば人気が出るのもうなずけますよね。

しかし、実際にはそのようなことはなく果物であってもそのイメージとは裏腹に太ってしまう原因となることもあるので要注意なんです!

果物は太らないなんてことはない

野菜や果物というと先に書いたように健康に良いイメージが非常に強く、食べても太らないしむしろダイエットには有効な食べ物であるというような印象を持っている方も多いでしょう。しかし、当然ながらいくら健康に良いこれらのような食べ物であっても食べ過ぎてしまえば太ってしまう原因となってしまうのです。

特に果物に関してはその実の中に含まれている多くが糖質であり、さらに細かくいうと果糖という物質が多く含まれているため実は太りやすい食材といえます。

もちろん我々の食べるモノの多くには様々な形で糖質が含まれているのですが、一般的な穀類や野菜類であれば糖以外にも食物繊維などが含まれていることから噛む回数を求められ、噛むことによって満腹感を得やすくなっています。しかし果物ではそのほとんどが果糖であり、非常に口当たりもよく比較的食べやすいことが原因でついつい食べ過ぎてしまう可能性が高くなってきます。

果糖は太りやすい糖である

果糖はそのほかの糖と比べて代謝のされ方が少し変わっています。小腸から吸収されると果糖はすぐに肝臓へと行きます。そしてこの肝臓で代謝されるとそこから中性脂肪へと変換されやすい性質を持っています。

また、この果糖は他の糖と違い、血糖値を上げにくい糖のため先ほど説明した噛まないという性質に加えて、この血糖値を上げないということも合わさり余計に食べ過ぎてしまう傾向が強くなります(人間は血糖値の上昇などを感じ取って満腹感を得る)。

果物をどうしても食べたくなったら

いくら太りやすいからといっても果物を食べたくなる時はありますよね。

そのようなときは、なるべく他の食べ物を食べて最後にデザートとして食べるか、そもそも比較的果糖の少なくブドウ糖の多いブドウのような果物を選択するようにしましょう。

まとめ

果物は非常に美味しいですし、ビタミンが非常に豊富であることは確かです。太りやすい食べ物であることは確かですが上手に活用してあげれば健康に大きなメリットはあるので今回の記事でお伝えしたような形でうまく取り入れていけるといいでしょう。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP