こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

ダイエット中食事によってカロリーコントロールすることで脂肪をなるべく落として、かつ筋肉量をなるべく残す(ダイエットでアンダーカロリーの状態では筋肉量が減少しやすい)ことはもうすでに皆さんもご存知でしょう。

しかし、それだけでは綺麗な体のラインを作りながらダイエットするのには不十分でそこにトレーニングを併せることで筋肉をしっかりと残してさらに脂肪も食事だけで減らすよりもさらに効率的に減らしていくことが可能となります。

ですが、バルクアップの時とダイエット時では食事の内容は変化しますが、トレーニングについてはどうなのだろうかと疑問に思ったことはありませんか?今回はそのようなダイエット時のトレーニングについての疑問を解消していきたいと思います。

筋肥大にはボリュームが最重要

筋肥大するにはどんな種目をどのように行うかも大切ですが最重要なのは、トレーニングのボリューム(重量×レプ数×セット数)をどれだけ対象の筋肉に与えるかです。

これはダイエットでカロリーの摂取量が減少している場合でも例外ではありません。確かにダイエット時は非常に筋肉が分解されやすく、筋肥大は難しいかもしれません。ですが、最低限筋肉量を減らさないように維持はしたいところ。そのような状態であってもこのボリュームを確保するというのは最重要事項に変わりありません。

ダイエット時こそしっかりと重量を持つ

ダイエット時はカロリーが不足しており、非常に重量が低下しやすい状態にあるといえます。しかし、ここで重量を落として高レップでボリュームを稼ごうとしてしまうとあっという間に扱える重量が低下していきます。確かにボリュームを確保することで筋肉量の減少はある程度抑えることはできるかもしれませんが筋力に関しては低下してしまいます。そしてダイエット時に筋力が低下してしまうとその後のバルクアップ期で非常に扱える重量が低下したところからのスタートとなってしまい長期的には筋肥大効果を低減させることへとつながりかねません。

脂肪燃焼のためと高レップのトレーニングを選択する方もいるかもしれませんが、上記のような理由から苦しい減量中のトレーニングこそ頑張ってある程度の重量でトレーニングするべきでしょう。

オーバーワークに注意しよう

ダイエット中は非常に疲れが取れにくいうえに、体脂肪の燃焼のために運動量を増やしがちです。そのため身体は常に疲労が残っているよな状態であることが多く、疲労によっても扱える重量の低下が大きくなる可能性があります。

そのためトレーニングついてはなるべく定期的にオフの日をしっかりと設けて疲労をしっかりと抜きながら調整sて行く必要があります。

有酸素運動は筋トレ以外の日がベター

非常に急ピッチでダイエットを勧めなければならない場合以外はなるべく有酸素運動はトレーニング以外の日に行うようにしましょう。

おそらく多くの方が除脂肪のために有酸素運動を取り入れているかと思いますが、筋トレ後に有酸素運動を行うと筋トレによる筋肥大効果を阻害する可能性があることが分かっているので、有酸素運動は筋トレ以外の日に入れるようにしてください。

ただし、筋肉量の減少を気にするよりもまずは除脂肪を優先という場合は筋トレの後に有酸素運動を行うことで代謝が亢進した状態でより効率よくカロリーを消費することがお勧めです。

まとめ

ダイエット時は非常にコンディションが変化しやすく、特に筋肉量の維持に苦労するタイミングです、ですが上手にトレーニングしてあげることでこの筋肉量の減少や筋力の低下を押さえて体づくりができて、かつその後のバルクアップにもスムーズに移行できるようになります。上手なダイエットやトレーニングを行って理想の体づくりを進めていきましょう。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP