こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

皆さんはお酒は飲まれていますか?おそらくトレーニングを頑張っている方の中でも結構な割合でお酒が大好きで定期的に飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。

また、そのような方の中で筋肉がつかずに悩んでいる方もいらっしゃるのでは?もしかするとそのような方はアルコールの摂取が原因で思ったように筋トレで成果が出ていないのかもしれません。

アルコールは筋肉の天敵である

アルコールは筋肉にとって天敵ともいえる存在であり、できることなら摂取しないように避けていくのがベストです。

アルコールは体内へ吸収されると肝臓へ運ばれて、肝臓内で代謝され分解されます。このアルコールを分解する際に実はアミノ酸を利用をしています。つまり本来であれば筋肉をつくるために活用したいアミノ酸を筋肉ではなく肝臓でアルコールの代謝のために使われてしまうので筋肥大の邪魔をしてしまうことになってしまうわけです。

男性ホルモンの分泌量を減少させる

また、アルコールの摂取は体内での男性ホルモンの分泌量を減少させることもわかっています。男性ホルモンは筋肉量の増加には欠かせない同化ホルモン(筋肉など組織を作る際に活用されるホルモン)なのですがこれが減少することによって間接的に筋肉量の増加に悪影響を与えてしまいます。

筋トレでのパフォーマンスの低下

トレーニングを行っており、自身の体のの変化に敏感な方であれば少なからず実感されているのではないでしょうか。アルコールを飲んだ翌日は非常に体が重く感じたりしませんか?

この感覚は非常に正しくやはりアルコールの摂取をした翌日は非常に疲労が残っていたりいして、なんなら頭痛に苛まれており非常にパフォーマンスが低下してしまいます。

トレーニングによって筋肥大させるには、重量やレップ数であったりセット数を充分に確保する必要があります。ですがアルコールの摂取によって体のパフォーマンスが低下している状態では十分な刺激を筋肉に与えられるまでにトレーニングを頑張ることはできません。そうすると長期的に見たときに筋トレの質が低下したことによって筋肥大効果が低減してしまうことが十分に考えられます。

まとめ

アルコールは体にとって百害あって一利なし。もちろん全面的に禁止というわけではありませんから時にはリラックスするために飲むことも必要でしょう。ですが、やはり基本的には体にとっていいものではありませんから、メリハリをつけて自分にルールを課して毎日ではなく時々飲むようにするなどしてください。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP