こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

筋トレをしているときに鍛えている部位をしっかりと意識するのが重要だと言われたことはありませんか?おそらくトレーナーやもしくはその他誰か指導してくれるような立場の方がいらっしゃる方であれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

私自身、お客様を指導させていただいている中でよく「○○の収縮を感じるように意識してー」だったり「△△の伸びを感じながら動いていきましょう!」といった声をかけて対象の筋肉に意識を向けてもらうように仕向けることが多々あります。

これは実はなんとなくその方が正しく動作できるからといったような理由ではなく、しっかりとした科学的根拠があるためこのような声がけをしたりするのですが、あまり普段のトレーニングではそこまで深く説明しないこともしばしばあります。そこで今回の記事ではこの筋肉を意識する理由についてきちんとご説明させていただければと思います。

筋肉の活動が増加する

トレーニング経験がある男性18名を対象とし、被験者に 20%・40%・50%・60%・80%1RMでの負荷でベンチプレスを実施させ、以下の3パターンでの筋肉の活動量を計測した実験。
①いつも通りベンチプレスを行ってもらうパターン
②「大胸筋を使う意識をするパターン
③「上腕三頭筋を使う意識をする

結果としては、何も意識せず通常通りベンチプレスを実施した場合と胸もしくは腕を意識させた場合には以下のような結果となりました。

<大胸筋の活動>
・普通21%→胸意識28% (20%1RM)
・普通38%→胸意識44% (40%1RM)
・普通52%→胸意識57% (50%1RM)
・普通56%→胸意識65% (60%1RM)

<上腕三頭筋の活動>
・普通31%→腕意識42% (20%1RM)
・普通47%→腕意識53% (40%1RM)
・普通55%→腕意識59% (50%1RM)
・普通60%→腕意識64% (60%1RM)

大胸筋の筋の活動に関しては、大胸筋を意識していない場合と比較して5~9%ほど筋の活動量が増加。腕については4~11%ほど筋の活動量が増加したという結果が出ました。

この結果から対象となる筋肉に対して意識を向けることによって同じトレーニングや同じ負荷であっても筋肉の活動量が増加することがいえます。

BIG3に関してはあまり強く意識しすぎない方がいいかも

BIG3をはじめとした多関節種目に関してはあまり対象の筋肉を強く意識しすぎない方が良いかもしれません。先ほどの実験の結果を見ていくと重量が大きくなるにつれて、だんだんと対象の筋肉を意識しない場合と意識した場合の筋の活動量の変化量の差はなくなってきています。また、多関節種目については単関節種目と比較して多くの筋肉や関節が関与していることから局所的に個別の筋肉を意識しすぎるのは動作をギクシャクしてしまうなども考えられるので多関節種目を行う場合はとにかく思いっきり(適切なフォームで)挙げることに集中するべきではないかと考えます。

まとめ

筋トレもただなんとなく行っているのと、しっかりと鍛えている部位に意識を向けてあげる場合ではたったそれだけのことでも非常に効果に大きな差がついてきます。どうせ同じ時間、同じ負荷、同じ内容を行うのであれば少しでも効果が出るように行いたいですよね。ぜひ、より効果的にしたいなら鍛える部位を意識してトレーニングするようにしていきましょう。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください。


関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP