こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

皆さんはCBD(カンナビジオール)という成分をご存知でしょうか。まだまだ知らない方も多いかと思いますが、実はこの成分は大麻草から抽出される成分で、なんとなく大麻草からというだけでも敬遠されそうなのですが実際には法に触れることはなく、むしろ様々な健康効果などが期待できるとして非常に人気が出つつあります。

今回の記事ではこのCBDとはなんなのか。また、その効果にはどのようなものがあるかご紹介していきます。

CBDとは

CBDとは『カンナビジオール』という成分の略称で、大麻草から抽出される成分の1つです。大麻草から抽出されると聞くとなんだか非常に問題のありそうな気になりますが、実際のところこのCBDについては法に触れることはなくきちんと合法な成分となっています。

日本ではまだまだ認知度が低く、一部の流行に敏感な層に利用されているにとどまっている印象ですが、海外ではCBDの利用はかなり一般化しているようで、実際にその安全性についてはWHOも認めるところ。また海外のセレブやアスリートなどにも利用されているようです。

ちなみに大麻草の成分で法に引っかかってしまう成分はこのCBDではなく、別のTHC『テトラヒドロカンナビノール』と呼ばれる成分で、このTHCがよく大麻を使用している薬物中毒者にみられるようなハイな状態である多幸感を与える成分となっています。

CBDの効果

CBDの効果とは、いったいどのようなものが挙げられるかというと
・リラックス効果
・睡眠の質の改善
・抗炎症作用

上記のような効果が期待できるようです。特に睡眠の質の向上に関しては非常に研究ベースでも信頼できる結果が出ており、不眠の改善であったり睡眠時間の延長などがみられています。

CBDが睡眠の質を改善するとされる理由は、精神のリラックス効果を持っているセロトニンが深くかかわってきます。CBDを摂取することによってセロトニンの働きが増幅することが知られており、このセロトニンの働きが増すことでリラックス状態ができてそこから睡眠の質が向上するようです。

最も普及しているのはオイルでの経口摂取のようですが、先にお伝えしたように抗炎症作用があるため皮膚に直接塗るタイプの商品もあり、こちらは特にアスリートの疲労回復や筋肉の炎症を抑える効果が期待されます。

副作用は?

これほど効果があると副作用がないか心配になりますよね。

ですがWHOでは”CBDは非常に安全で、幅広い容量で忍容性が良好である。公衆衛生上の問題も濫用の危険性もない”と示しており、これは「ほとんど副作用がない。あってもほぼ気にならない程度のものである」ことをさしています(詳しくはこちら)。

ただし全く副作用がないわけではありませんし、人によって反応の出方は違うため心配な方はまずは一度かかりつけ医に相談するなどしてから利用することをお勧めします。

まとめ

大麻由来の成分であると聞くと少し不安になってしまうかもしれませんが、実際に法的な心配もありませんし正しい活用方法であれば身体に対しても過剰に不安がる必要はありません。上手に活用していくことでアスリートはもちろん普段のトレーニングについてもより質の高いトレーニングを可能とすることができるのではないでしょうか。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP