こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

先日、とある高校生アスリートから頂いた質問の中に、学校の先生から「トレーニングでは使う筋肉を個別に考えるのではなく、体幹を安定させ、しっかりと重量を扱えばいい。ボディビルとパフォーマンス向上のトレーニングは違う」と言われたがそれは本当だろうか?といったものがありました。

今回はこの選手からの質問に答える形で書いていきます。

競技練習とトレーニングは違う

おそらくこの選手に対して指導者が言っているボディビルのためのトレーニングと競技パフォーマンスの向上のためのトレーニングは異なる点が沢山あります。しかし、それはトレーニングと競技練習に関しても同様で競技動作はとにかく徹底して反復練習することによって動作を自動化して、動作中に余計な思考はなるべく排除して反射的にその時に必要な動作が繰り出されるように備えておかなければなりません。しかし、それは競技の中での話であってそれをトレーニングにまで当てはめてしまうのはちょっと違うのではないかなと考えています。

トレーニングをやる理由というのは、その競技における不足している部分の強化であることがほとんどでしょう。そして、その不足している部分に対して強化をするようにトレーニングを実施するためにはその対象の部位を強く意識する必要があります。例えばスクワットを例に考えてみましょう。スクワットで臀部を強化したいと考えていても、一般的に多くの方が太もも前面の筋肉の方が強い傾向にあり、何も意識しない状態でスクワットを行わせれば臀部を使うような動作ではなく、太もも前面の筋肉を優位に使うような(人間は使い慣れていたり、より筋力の強い部位を優先して使う傾向にある)膝をメインに使った動作のスクワットとなってしまう可能性が高いわけです。

と考えると、本来トレーニングによって弱点である部位の強化をしたいはずなのに、意識しないことによって従来より強い筋力を有していた筋肉ばかり使用して、弱点を強化するような動作ができなくなってしまう場合があります。

トレーニングとは、目的の筋肉に対してその筋肉を使わざるをえないような動作を強いることが重要であり、それによって弱い部位の筋肉に対しても適切に刺激を入れられるようにするのです。

トレーニングで徹底的に筋肉を意識して、鍛えた筋肉による筋力発揮を競技練習で自動化させる

トレーニングは先ほど話したように、目的の筋肉に対して適切な負荷をかけられるように強烈に意識する必要があります。そして、競技練習によってそこで鍛えた筋肉を意識せずとも使えるように反復練習をしてその動作を自動化させることが必要です。

全てを競技に当てはめるのではなく、全てはなんのために行っており、どのように行うのが正しくその目的を達成できるのであるか考えるなければいけません。

まとめ

トレーニングと競技パフォーマンスについては様々な意見があると思いますが、少なくとも私の中での今回の質問に対する答えはこれになります。トレーニングを漠然と競技力向上のためと片付けてしまえば、トレーニングでは意識して行うべきではないという回答になるのかもしれませんが、そこから「どの部位が弱点で、その部位をどのように強化して、どのような動作に結び付けるか」まで考えられるようになるといいですね。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください 。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP