こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

皆さんは『チートデイ』なるものをご存知ですか?一般的にはあまり聞きなれない単語かもしれませんが、実はこのチートデイという言葉は特にコンテストに出場するようなトレーニーには非常に一般的なものになります。

『チートデイ』とは

チートとはそもそも「反則、だます」などの意味を持った単語です。トレーニングの用語で騙す?と思う方もいるかもしれませんが、実はこれにはきちんとした理由があります。

このチートデイとは減量の際に活用されるテクニックの1つになります。減量を行っている時にはだんだんコンテスト等目標としていた日が近づくにつれて多くの場合は非常に低脂肪・高タンパク・低炭水化物となる傾向にあり食事の内容もみるみる質素なものとなっていきます。そして、そのような比較的低カロリーな食事を継続していくと脳は飢餓の状態に近づいていると判断して代謝を低下させて、消費カロリーを抑えるようにスイッチしていいます。しかし、減量のために摂取カロリーを制限しているのにそもそもの消費カロリーを落としてしまったら意味がなくなってしまいますよね。そこで登場するのがチートデイです。

チートデイは減量している期間に、時々で食事による摂取カロリーを大きく増加させる日を設けることで、そうすることによって脳に十分なカロリーを摂取していると思い込ませる、ある意味騙すことで低下した代謝を再度高めてまた減量食へと切り替えることで減量による体重・体脂肪の現象の停滞を起こさないようにするのです。

食べることを恐れるな

減量をしていくと、だんだんと食事を摂ることに慎重になりすぎて恐くなってくるタイミングがやってくる方もいます。しかし、きちんと普段の食事で節制できてトレーニングも行っており順調に体重も落ちているならば、時々食事の量を増やしたからといっていきなり体重が増加することはありません。

むしろ、先ほどのチートデイの説明でもあったようにあまりに長期間低カロリーで過ごしていると、その状況に体が慣れてしまい代謝が低下してしまうことが考えられますので、時々変化をつけるためにチートデイを活用してあげた方が良いでしょう。

きちんと一定期間の中で(3日おきや、1週間単位で)カロリーがトータルでマイナスになっていれば減量に問題ないので、その期間の中でチートデイを挟んで摂取カロリーに波をつけるのは非常に有効な手段であるといえます。

チートデイは頑張っている人の特権

ただし、誰しもがこのチートデイを活用することが有効であるとはいえません。きちんと一定期間のなかでカロリーの摂取量をコントロールできており、チートデイを入れたとしてもトータルで摂取カロリーがマイナスになるように帳尻合わせができる人だけが取り入れるべきテクニックです。そうでない場合、ただただ摂取カロリーを増やしただけでむしろ太ってしまうので気をつけなければなりません。

上手にチートデイを入れるタイミングを見計らう

個人的にお勧めなチートデイを入れるタイミングですが
・下肢のトレーニングの前日
・弱点部位のトレーニングの前日
上記のようなタイミングが良いと考えます。

減量中でもなるべく筋肉量を減らさないようにするためには、しっかりと質の高いトレーニングを行うことが必要です。そのため比較的強度が高くなりがちな下肢のトレーニングの日や、自身の弱点である部位のトレーニングの日の前日にチートデイで摂取カロリーを増やしておくことによって、体にエネルギーが満たされた状態でしっかりと強度の高いトレーニングが可能となるのでお勧めです。

まとめ

一定の摂取カロリーで減量を行っていくのも非常に管理しやすく、ある程度のところまでは十町に絞れてくると思いますし、人によってはそのままの食事で満足いくまでしっかりと絞り切れるかもしれません。しかし、万が一代謝が低下してきたように感じたり、精神的にもちょっときつくなったなと思ったらぜひチートデイで肉体的・精神的な減量への停滞を打ち破るきっかけにしてみてください。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください 。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP