こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)代表の今野です。

社会人になって、学生時代の体つきから年々遠ざかって行って気づいたら立派なビール腹になってしまっていたという方はいませんか?最初はまだ大丈夫とお酒やこってりしたものを食べるのですが、知らない間にある日ふと鏡を見るとそのような状況でしたなんてことも。

そうなんです。太るというのは一気に一回の食事で急になるのではなく、徐々に脂肪が蓄積されていって気づいたときには時すでに遅し・・・なんてことになっているのです。

つまり、脂肪の蓄積は日々の積み重ねによって起こるものであるといえますから、この日々の僅かな蓄積をいかに抑えることができるかで太るのを防ぐことができるのです。

日々の代謝を上げて脂肪の蓄積を防ぐ

今からご紹介するのはあくまでも急激なダイエットではなく、日々の脂肪の蓄積を防ぐ考え方です。

まず、日々の脂肪の蓄積を防ぐために重要なことは代謝を上げることです。基本的に食事の内容が変動しないと仮定するならば、あとは代謝を向上させて消費するカロリーを増やすしかありません。

代謝とは体内にある物質を利用して、エネルギーを産み出し燃焼することといえます。つまり、食事によって摂取したエネルギーを使って体を動かすなどのエネルギーとして活用する作用が亢進した状態が代謝が上がっている状態であるということです。

代謝を上げるポイント①運動

日々の代謝を上げるために欠かせないのがやはり運動です。ただし、ここで注意してほしいのがこの運動は筋トレやランニングなどのような激しい運動を指していません。階段を上って移動したり、地下鉄を使っているなら1駅分歩いて移動するなど、これまでに行っていないプラスアルファの活動のことを指しています。

意気込んで「これから動くぞ!」などという気持ちはいりません。あくまでも日々の活動に少し付け加えてあげるだけで構いません。このちょっとした心がけだけでも、毎日積み重ねることで脂肪の蓄積を防腕くれることにつながります。

代謝を上げるポイント②体温を上げる

人間の体内で行われている様々な代謝は、体内の酵素によって行われます。しかし、この酵素は低い温度の中では活動が低下してしまうため、体温が上がっていないと代謝が低下してしまいます。そのため、代謝を上げたいなら同時に体温を上げるような行為をしてあげることが重要なのです。

特にこのためにおススメなのが入浴です。つい仕事終わり疲れているときにはシャワーで済ませてしまいがちですが、これだけでは汚れは落ちるかもしれませんが体温を上げることはできません。考え方を変えて、水を浴びるのではなく体温を上げるためのお風呂であると考えて、なるべく積極的に湯船につかるようにしましょう。

代謝を上げるポイント③寝る!

え?寝るの?と思うかもしれませんが、睡眠は代謝を上げるのに非常に重要です。筋肉や肝臓・脳などエネルギーを代謝するのに非常に重要な組織を充分に機能させるためには睡眠によって、しっかりと休めさせることが必要です。

また、代謝を上げることとは関係ありませんが睡眠時間は非常に空腹感・満腹感とも関係が深く睡眠時間が6時間未満の場合、満腹感を感じさせるホルモンの分泌量が減少して、反対に空腹感を感じさせるホルモンの分泌量が増加することがわかっています。しっかり寝ることは代謝を上げることにつながるだけではなく、食欲をコントロールすることにも繋がると考えれば非常にコスパのいいダイエット方法ですよね。

食べ過ぎ飲みすぎの翌日は食事を抑えるように

会食などがあると、なかなか食事の量をコントロールするのは難しいですよね。そのようなときはしっかりと買いy束を楽しんで翌日しっかりとその食べ過ぎた分を取り戻すようにしましょう。

低脂肪高タンパクかつ、食物繊維を多く含んでいる食事を心がけるのが良いですね。そして、何よりも重要なのはカロリーコントロールです。脂肪の蓄積は1日でされるわけではありません。仮に会食などでオーバーカロリーであっても、翌日しっかりと帳尻合わせをしてトータルでアンダーカロリーとなっていれば問題ないわけです。

まとめ

体づくりのために食事に気を配っていても、なかなか食事のコントロールが難しくなる場面も時としてあるでしょう。ですが、普段からしっかりと代謝を上げるような生活を心がけて、仮に食べ過ぎてしまったときでも翌日取り戻せば問題ないのです。まだ大丈夫、まだ大丈夫とほおっておくのではなく、摂りすぎたカロリーはなるべく早く消費しきってしまいましょう。

COMPではパーソナルトレーニングにて、経験豊富なトレーナーが正しいトレーニングのテクニックや食事指導などのサポートを行っております。仙台でパーソナルトレーニングを受けてみたいという方はこちらからお問合せください 。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP