こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

ここ2~3年コロナウイルスの影響で大手を中心に非常に多くの企業でリモートワークが増えましたよね。そして、外に出る機会は必然的に減って座る時間が増え、体が硬くなっていくように感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はお家で1人でもできる簡単なお尻周りのストレッチをご紹介していきます!

長時間の座り仕事はお尻の筋肉を固くする

「なんだか最近座りっぱなしでお尻がこってるんだよねー」こんな風に感じている方はいませんか?ではなぜ座っている時間が長くなるとお尻が硬くなっていくのでしょうか。

その理由は主に2つ
・座位はお尻の筋肉が常に圧迫されている状態にある
・座位をとると基本的に骨盤が後傾した位置にあり、お尻の筋肉が常に収縮した状態にある

このような理由から座っているとだんだんお尻の筋肉が硬くなっていき、苦しくなってくるのです。

また、座りっぱなし以外にも階段や歩きでの移動が多い場合にもなりやすい傾向にあるので注意が必要です。

お尻の筋肉が硬くなるとどうなる?

お尻が硬くなるとどんなことが起こるのでしょうか。

それは大きく2つあり
①腰痛の原因となる
②骨盤が後傾しお尻が下がっているように見える
これらのようなことが起こります。

まず腰痛について。お尻の筋肉なのに腰痛?と思われるかもしれませんが、実は結構関係が大きいのです。腰痛にも様々な種類があるので一概には言えませんが、腰がパンパンにはって苦しいというような感覚がある方はお尻を緩めてあげると結構楽になります。この理由としては、お尻の中でも非常に大きな大殿筋と呼ばれる筋肉は筋膜という薄い筋肉の表面にある膜で腰にある筋膜とつながっています。そのためお尻の筋肉が強く強張った状態になってしまうとその張力によって腰の筋膜まで引っ張られてお尻だけではなく腰までパンパンに張ってしまうというわけです。

さらにお尻の筋肉には収縮すると骨盤を後傾させる作用があります。そのためここが硬くなっている、すなわちお尻の筋肉が収縮した状態にあると骨盤を後ろに倒してしまい、お尻の位置が下がって見えスタイルを悪く見せてしまうという悪い作用も持っています。

そのため健康のためにも、美容のためにもお尻の筋肉をストレッチによって緩めてあげるということが重要なのです。

お尻のストレッチ

3つほど簡単に取り組めるストレッチをご紹介していきます。

・椅子の上でストレッチ
①椅子に浅く腰掛け、片脚は床につけてもう片方の脚は地面と脛が平行になるように反対側の膝上に置く
②脚を手で動かないように固定し、脛に向かって上半身を倒していく(この時に背中が丸まらないように注意)

・床で行うストレッチ
①四つん這いになる
②片脚を胸の前にくるように前方へ移動
③反対の脚を前方へ移動した脚と後方で交差するような形に斜め後ろへ伸ばしていく
④お尻を後方へ引くように下がっていく

・座位で行うストレッチ
①両足を伸ばして座る
②片方の脚を伸ばしている反対の脚の膝の外側に足部が来るように絡める
③伸ばしている脚を徐々に曲げる
※もっと伸び感が欲しい方は寝た姿勢で同様の動きをすると良いでしょう。

ストレッチを実施する際のポイント

ストレッチをする際のポイントとしては
・呼吸を止めない
・20~30秒程度は同じ姿勢をキープ
・実際に伸ばしたい部分を意識しながら行う
ということが挙げられます。

トレーニングだけではなく、ストレッチにおいてもこのようなポイントを押さえてあげることでより効果が実感できるようになります。

お風呂上りがお勧め

ストレッチをどうせするならお風呂上りに行うのがお勧めです。筋肉は体温が高くなっている状態の方が非常に伸びやすくなっていますから、お風呂上りに行った方がより効果を実感しやすくなります。


まとめ

お尻の筋肉が硬くなってしまうことによって様々な影響が出てきます。また、先ほど説明したような影響だけではなくトレーニングでも適切なフォームがとれないなどの害まで起こる可能性があります。そのため、硬くなってきたと感じたら今回ご紹介したストレッチをはじめとして、様々な方法でしっかりとほぐしてあげるようにしましょう。

仙台市青葉区のパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらより一度お気軽にお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP