こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

早速ですが筋トレで効果を得るためにはどのくらいの頻度で実施するのが効果的か皆さんはご存知でしょうか。

正解は『週2~3回程度』行うのが非常に効果と効率の面から有効であるとされています(正確には同一の部位に足して2~3回刺激を入れる)。もちろん週に1回の筋トレでも効果はあるんですが、その変化量は週に2~3回行う方に比べると半減してしまいことが分かっています。

また、目的によっても変わってきますが、その変化を得るためにもう一つ大切なのが『継続』です。非常に高頻度でトレーニングできたとしてもそれを1ヶ月や2ヶ月でやめてしまっては効果が得られないか、あったとしても本当に僅かである可能性が高くなってしまいます。特に見た目の改善のために筋トレに励んでいるような場合には、筋肉がしっかりと大きくなってきて変化を実感できるようになるためには3ヶ月は最低かかるとされていますから、なおさら継続の必要が出てきます。

筋トレの成果を実感しやすい人の特徴

筋トレの効果を得るためには先ほどのような点を踏まえる必要があります。そして筋トレの効果を実感しやすい人というのはこれらを実行する人のことであり、それを実行しやすい人というのは『トレーニング実施のスケジューリングを真っ先にする人』であるといえます。

筋トレで重要なのが筋トレの頻度と継続なのですが、簡単なようでいて実は多くの方がこれをできておらず成果が出るまで非常に時間がかかってしまったり、途中で挫折してしまうキッカケになってしまうのです。

筋トレはそもそもきついことですから、基本的に多くの人は避けて通りたいものです。最初は何か目標があってモチベーションが高く何とかなるのですが、ある程度の期間が経ってくるとだんだん他のイベントなどを理由に頻度が下がったりして、筋トレから遠ざかっていき最終的にはやめてしまうということが起こります。

しかし、成果が出やすい人は最初からある程度の期間のトレーニングの予定をスケジュールに入れており、さらにはある程度ルール化して大体毎週このくらいの時間にはジムにくると決めてしまっている人もいます。そのような方はまずしっかりと自分の体のことであるジムに行くことを優先度を上げて取り組んでおり、さらに最初にそのようにある程度の期間が予定を詰めて、頻度を高く取り組むことで効果も比較的早期に実感できて、成果を実感することができたからさらにモチベーションも上がってさらに積極的に筋トレに取り組むようになるという好循環を自分自身で作って回しています。

暇じゃない人こそ先にスケジュールに入れ込んでいる

このような話をすると、多くの方から「暇な人だからできる」と言われることがありますが実際は決してそうではありません。むしろ会社を経営されていたり、上場企業の営業マンのような分刻みのスケジュールで動いている方こそそのようにして取り組んでくださっています。

結局、そのようにどんどん先に優先度を上げてスケジュールに入れ込んでいくことで、他のスケジュールでできないという言い訳を自分にできない状況を作って、そしてそれ自体が結果を引き出し、効率的であると考えてそのように動いているのです。

経営者の方や、営業マンのように本当に忙しい方でもそのように調整すれば時間は作れるとおっしゃっています。そして、実際にそのような方はもちろんですが実際に24時間365日ある中で本当に週に2~3時間も時間を確保できないという人はどれだけいるのでしょうか。もちろんイレギュラーなこともありますからなかなかスケジュール通りことを運ぶのが難しいという方もいらっしゃるかもしれません。そのような方はまず運動をする曜日だけでも決めて、それをまずは実行していき、だんだんより具体的なスケジューリングへと移行していくのが良いのではないでしょうか。

まとめ

もし本当に体づくりを成功させたいなら、筋トレの優先度を上げてなるべく早い段階でスケジュールの中に筋トレの時間を設定してしまいましょう。そうでないと今の世の中沢山誘惑があって負けてしまいそうになってしまうこともあるでしょう。ですが、飲み会などが減少しているこのコロナ禍を逆手にとって、筋トレを習慣化させてしまいましょう。

仙台市青葉区のパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらより一度お気軽にお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP