こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

皆さんはすでに筋トレに取り組んでいますか?今回の記事はそんな筋トレに励んでいる方にとって朗報です!

筋トレを定期的に行うことで健康にたいして非常に良い効果があることはこれまでも沢山言われてきました。しかし今回東北大学・早稲田大学・九州大学の共同研究グループが発表した研究結果によって、そのメリットが真実であるとの裏付けがなされていたのでこちらのブログでもご紹介させていただきます。

元の記事はこちら『「週60分」の筋トレで健康維持 東北大など分析 やり過ぎは死亡リスク増

週60分の筋トレで健康維持

今回紹介した河北新報の記事では以下のような結果が出ています。

筋トレを全く実施していない人に比べ、筋トレを実施している人は心血管疾患やがんなどによる死亡・疾病リスクが10~17%低いことが判明。実施時間が週30~60分だとリスクが最大20%減少した。

引用元:河北新報ONLINE NEWS

この結果をみると、これまで健康のためと頑張って筋トレに励んでいた方はより一層励みになりますし、これまで今一つ踏みだせずにいた方にとっては筋トレを始めるにあたっての良い弾みになるのではないでしょうか。

しかも、週に30~60分程度の筋トレでリスクが20%も減らせるなんて非常に嬉しいですよね。何となくこのくらいの時間であれば心理的なハードルも低くなんとか時間を捻出できそうですよね。

やりすぎも禁物

30分やるだけでも健康に良いなら、もっともっとたくさん筋トレしたらすごいことになるじゃん!と思ったあなた。実はそれが決してそうとも言えないみたいなんです。実は先ほどの文の後には以下のような文が続いています。

 一方、筋トレの実施時間が週130~140分を超えると、逆にリスクが増加に転じることも分かった。糖尿病だけは例外で、実施時間が長いほどリスクが減少する方向に作用した。

引用元:河北新報ONLINE NEWS

なんと沢山やればやった分健康になるわけではなく、130~140分を超えて筋トレをするとむしろリスクを増加させてしまう可能性があるとのことです。

効率的に短時間で

今回記事になっている研究では、あくまでも時間についてのみ触れられています。実際にはその運動の強度やレップ数、セット数、インターバルなど様々な要因があるとは思います。ですが、今回の研究の結果だけをみていくならばなるべく短時間で追い込み切ることで時間をかけずに成果を挙げられるように工夫をする必要がありますね。

目安は週に2~3回のトレーニング

大体多くの方は1回のトレーニングで45分~60分をかけている方が多いように感じます。私自身パーソナルジムで塩津していてこのくらいの時間が最もボリュームも稼げて、かつある程度集中力も持続する適切な時間設定ではないかと考えています。そう考えると大体週に2~3回程度のトレーニング頻度であれば、先ほどのリスクを増加させない範囲でトレーニングすることができます。また、筋肉を大きくする点でも週に2~3回程度のトレーニング頻度で刺激を入れることが最も効率的であることが証明されていますので、健康面でも筋肥大の面でも非常にコスパの良い頻度であるといえます。

短時間で成果を挙げるならパーソナルジム

だらだらトレーニングしていても筋肉は育たないし、健康面でも記事にあるようにマイナスの作用を受けてしまいます。しかし、なかなかトレーニング初心者の方だとしっかりと筋肉に効かせたり、安全なフォームでトレーニングすることが困難な場合が多いです。そのような時にはまずは一度パーソナルジムでトレーナーについてもらってマンツーマンで基本からしっかりと教わることをお勧めします。もちろんコストはかかってしまいますが、最初にきちんとした技術・知識を身につけることで、その後ご自身でトレーニングするようになった時に成長速度が段違いに変わってきます。

まとめ

今回の記事で筋トレが実際に健康に対してどのようなメリットがどのくらいやれば得られるのかを世間の方に知っていただくきっかけになったのではないでしょうか。特に仙台市をはじめ宮城県は全国的にも運動実施率が低いとの数字も出ているので、少しでも刺激になると良いですね。また、私自身もパーソナルジムの代表として少しでも多くの方に貢献していきたいと思います。

仙台市青葉区のパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらより一度お気軽にお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP