こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

皆さんはトレーニングの際に鏡を見ながらトレーニングしていますか?当施設はパーソナルジムなので私がお客様の動作をチェックしながらトレーニングしていただくのですが、それと同時にご自身でもフィードバックできるようにハーフラックの前に大きな鏡を設置しています。ただ、鏡を見ながらのトレーニングは動作しながらもフォームの修正が即時にできることができるため重宝するのですが、私個人としてはあえて鏡を使用せずお客様にはトレーニングをしていただくことがあります。

鏡ばかりをみることのデメリット

鏡を見ながらトレーニングするのは、もちろんテクニックを確認することに対して非常に有効ですし、事実私自身もパーソナルトレーニングの中でも使っています。しかし、その反面そこにばかり頼ってしまうことによるデメリットも存在していると考えていて、それがテクニックの精度という部分です。

鏡を見ながら、その都度フォームを修正して動いていると、ついその視覚から得られる情報を頼ってしまい体の様々な部位から得られる感覚によって微細なコントロールをもって精度の高い動作を実施するということが身につかず、いつまでも鏡を見ないと動作の修正ができない不完全なテクニックのまま成長できない状態になってしまいます。

また、鏡を見ようとする癖がついてしまうことによってそもそものフォームが乱れてしまう場合もあり、例えばデッドリフトなどが典型的なのですが、ヒップヒンジの動作中体を斜めに傾けると同時に鏡を見るために顎が上がってしまい首へ負担をかけることなどが弊害として挙げられます。

体の様々な部位で重心を感じ取る

適切なテクニックを身につけるために重要なポイントとしては、その種目ごとに重心を感じ取るべき部位で適切なフォームの時とそうでないエラーが発生している場合の重心位置の違いを感じとることです。

最も分かりやすい例ではスクワットがあります。当施設で指導させていただくスクワットの場合なるべく膝関節へのストレスを軽減させるため、そのままただ単純にしゃがんでいくのではなく臀部を後方へ引きつつ動作するということを強調していきます。このフォームで実施するためには重心位置が足の真ん中から若干踵よりにあることが求められるのです。逆にこのときにつま先に重心が寄っていればその分だけ膝優位の動作となっており、臀部を後方へ引くという動作ができていないという一つの目安となってくれます。

もちろん、今回のスクワットのように重心の位置が完璧に再現できていれば完璧なフォームで動作できているというわけではなく、その他にも背中を適切な姿勢で支えられているかどうか等重要なポイントがありますが、重心位置を感じ取り適切な位置にとらえておくことが適切なテクニックで実施できているかどうかの指標の一つになることは間違いありません。

鏡を使用せずに正しい動作で動ける努力をすることが自立への第一歩

当施設はパーソナルジムなので、トレーナーがマンツーマンで指導させていただいています。ですが、ずっと誰かにサポートしてもらうのではなく将来的には自分自身でも完璧なフォームで安心してトレーニングできる状態を作り出したいと思っています。そして、その第一歩として鏡を見ないでトレーニングして感覚を磨いていくということが挙げられるのです。

もちろん最初は非常に不安があるかもしれませんが、だんだん慣れてくると何事もないように鏡があろうとなかろうと、そして誰かにチェックされずともきちんとできるようになっているはずです。

まとめ

トレー二ングを始める際には、ぜひパーソナルトレーニングで正しい動作などを頭に入れ、実際に経験していくことをお勧めしています。そして、そこからだんだんと自分の感覚とトレーナーからのアドバイスとのすり合わせをしていき、感覚と客観的評価が合致するようになってきたら自分自身で自立してトレーニングしていくというのが非常に効率が良い取り組み方ではないでしょうか。

仙台市青葉区のパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらより一度お気軽にお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP