こんにちは!
仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

あまり表には出ませんが時々ネットなどでジムでの筋トレ中に怪我をした話などを皆さんは耳にしたことがありますか?おおそらく大事にならない限りなかなか知ることはないかもしれませんし、仮に耳にしたり実際に目にしたとしてももしかすると自分は大丈夫だろうと気にすることはないかもしれません。

しかし、そのようなジムで起こる事故は案外誰の身にも起こりうることですし、私自身もいくつもの事例をこれまでに目にしてきました。

トレーニングは本来体に良いことのはずなのにちょっとした不注意で事故を起こして怪我をしてしまい、それがきっかけでトレーニングから遠ざかってしまったなんてことになってはすごく残念ですよね。

今回はそのような事故を防ぐためにも、私自身の身近に起きた事例を踏まえながら、ジムで気をつけていただきたいことをいくつかご紹介させていただこうと思います。

①シューズを着用する

当施設では基本的にストレッチ中心のお客様以外には室内用の運動靴などをご持参いただき、運動中は履いていただいております(2回目以降はジムにシューズを置いていただく保管サービスも実施しております)。これまでにパーソナルジムに通った経験のある方からは「前のジムでは履いていなかった」と言われることがあるのですが、それでも私は自分のジムでは履いていただきますし、私のところを卒業してどこか他のジムでトレーニングをする際にもきちんとしたシューズを履いていただくことを推奨しています。

これはなぜかというと、衛生面での理由はもちろんなのですが何よりも『足の保護』という目的があります。さかのぼること10年ほど前、私がトレーニングしているときに横でスクワットラックでバーベルからプレートを外そうとしている方がいました。するとその方はサンダルでトレーニングしていたのですが、そこに手を滑らせて10㎏プレートを落としてしまったのです。その時プレートは足の指先に落下したのですが、その衝撃で指は真っ黒に変色しさらに数本の指の爪が外れて飛んでいきました。この後当然病院へ行ったのですが、とりあえず無事に指の骨には異常はなく事なきを得たということがありました。

この時は偶然にも骨に異常はありませんでしたが、これが15㎏や20㎏プレートだったら?考えただけでぞっとしますよね。

当施設はパーソナルジムですからパーソナルトレーナーである私が常にそばについています。そのため基本的には私がプレートの付け替えを行いますし、他の器具に関しても基本私が運びます。だからお客様が足に物を落下させる心配はほとんどありませんが、何かあって私が落とす危険性もゼロではありませんし、将来的に自分でトレーニングするとなったときのことも考えて最初の内からきちんとシューズを履いてトレーニングする習慣をつけていただきたいと考えて、当施設ではシューズをご持参いただいて着用を義務化させていただいています。

②プレートの付け替えは左右均等に

皆さんはバーベルにプレートをつけるときや外すときに左右のバランスを考えて外していますか?トレーニング初心者のような方でまだ左右に1~2枚ずつくらいしかプレートをつけません!という方であればあまり大きな問題にはならない可能性が高いのですが、これがもっと多くのプレートや重量を扱う方の場合は話が変わってきます。

とあるジムで会員様がバーベルからプレートを外そうとしたときに、左右均等ではなく片側から一気に全てのプレートを外して片方は非常に軽く、もう片方はまだ沢山プレートが付いており非常にアンバランスな状態になってしまっていた方がいました。すると、最後のプレートを外した瞬間ラックからバーベルが一気に傾いて落下してしまったのです。

横には人はいらっしゃらなかったため幸い大事にはなりませんでしたが、小柄な女性や学生など体の小さな方などがそこにいたら本当に危険な状態になるところでした。

当施設では基本は私がプレートのつけ外しをしていますが、他のジムでも並行して通っている方や今後自立してトレーニングするという方の場合、一緒にプレートのつけ外しを行っています。その際、必ずお伝えしているのが『プレートのつけ外しは左右均等に』ということです。万が一にも先ほどのような状況になってしまうと、本当に危険ですし一人では支えるのは困難ですので、そもそもバランスが崩れないように均等にちょっとずつプレートはつけ外しするようにしましょう。

③セーフティバーを必ず適正な高さにセットする

これもつい忘れがちなことではないでしょうか。皆さんきちんとセーフティを適切な高さに毎回調整していますか?

ベンチプレスやスクワットの場合、このセーフティがきちんとセットされていないと本当に危険です。ベンチプレスでは一人でトレーニングされている方が限界を迎え、挙げ切れずに胸に落としてベンチ台と挟まった状態になっているところを何度も助けたことがあります。また、スクワットではセーフティをセットせずにバランスを崩して後方へ転倒、さらにそこから頭を打って病院へ搬送された事例も目にしています。

パーソナルジムではパーソナルトレーナーが補助に必ずついていますが、一人でのトレーニングではトレーナーはいないですし、最悪の場合周りに人がいないなんて状況だって24時間の無人のジムでは考えられます。その時に転倒や起き上がれない状況になったらと思うと本当に怖いですよね。

まとめ

ジムで起こる事故のほとんどは自分のちょっとした不注意や怠慢から発生しています。あれを面倒くさがらずにやっておけば怪我なんてせずに済んだなんて事例がほとんどです。怪我をして当面筋トレできないなんてことのないように普段からリスクを減らせるように安全対策をきちんとしておきましょう。

仙台市青葉区本町ののパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらより一度お気軽にお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP