仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

今回の記事はトレーニングを開始してそこそこの期間が経過し、だんだんと成長が鈍化していっているように感じている人へ向けての記事です。

人間の体が成長していく、筋肉が発達していくというのはストレスへの適応であるとこれまでに説明してきました。つまりだんだんと体がより強いストレスに対して耐えられるように成長していくことが筋肥大や筋力の向上であり、それこそが筋トレの目的なのです。

しかし、体はより強くなっていくことで目的が達成されると同時に、今までの刺激ではなかなか筋肥大などの効果を実感しにくくなるという側面も併せ持っています。実際にこれまで筋トレに励んできた方の中でも同様になかなか成長が実感できなくなってきているという方も少なくないでしょう。

筋肉は成長速度がだんだん鈍化する

先ほど書いたように筋肉の成長はだんだんと鈍化していきます。イメージとして初心者のころは毎回やればやるほどん使用重量も増えて見た目にも変化が大きく、1ヶ月のトレーニングで100の効果を得られたとします。しかし、これが半年から1年も繰り返していけば100得られた効果がだんだん75や50、さらには25などとかけた時間に対して得られる効果も少しづつ減少していきます。

イメージとしてはドラゴンクエストやポケモンなどでレベル1~50まで上げるのと、51~100ままで上げるのと上昇する数値としては同じ50にもかかわらず、そこにかかる様々なコストは明らかに後者のほうが大きくなってきます。これが私たちの体の中でも起こっていると考えてください。

成長を止めないために変化をつける

皆さんは胸のトレーニングといえば何を想像しますか?やはり多くの方はベンチプレスと答えるのではないでしょうか。ジムでも多くの方が取り組んでおり、ジムに行けば常にベンチプレス台は埋まっている状況ですよね。かくいう私もベンチプレスが好きで仕事の合間によくやることがある種目でもあります。

実は問題はここにあるのです。好きな種目だし、成長には重要な種目であろうとその種目にこだわって常に行うことがあります。しかし、いかに効果の高い種目であってもそれだけでは刺激が変わらず、もしくは何か他の要因(苦手な部位がボトルネックになっていたり)で成長が滞ってしまうことがあっても同じ種目ばかりしていてはその弱点が改善されることはありません。

そのような事態を避けてなるべく停滞をさせないためにも、時々種目を変えて同じ部位に対してのアプローチであっても、動作を変えることで変化をつけることが大事です。先のベンチプレスの例であればターゲットとなる筋肉は大胸筋でしょう。そうであればダンベルベンチプレスに変更し、より大きな可動域を使いストレッチの刺激をより高めてあげるのも有効です。

こうすることで動作を変えて筋肉へ新しい刺激を与えて、さらに動作を変えることで同一の関節や腱、靭帯などに対してのストレスも避けることができて怪我の予防にもなり、安全面でも効果的であると考えることができます。

完全に以前の種目をやらないわけではない

ただし、ここで重要なのは”時々”変化をつけるということ。完全に以前行っていた種目をやらなくなるわけではなく1週目はベンチプレスで行って、2週目はダンベルでというように変化させることです。そうでないとこれまで慣れてきた種目のテクニックが忘れてしまったり、それまでに向上して筋力も低下してしまう可能性があるためこのように種目を各週で変化させる程度の変化に留めておきましょう。

同じ種目を行うことは悪か?

このように説明すると同じ種目を行うことは悪いように思われてしまいそうですが決してそうではありません。むしろはっきりと大きく成長させたり、目的の種目で挙上重量を上げたいなら同じ種目を徹底して行うことが大切になります。

ただ、初心者で特にコンテスト出場を目的にしていないような場合には、このような取り組み方の方が多くの筋肉にアプローチして短期的には非効率的でも、長期的には健康的にかつ成果を実感しやすく良い方法ではないかと思っています。

まとめ

ついつい慣れてくると好きな種目や慣れている種目に内容が偏りがちになりますが、時々今回のように変化させることで怪我の予防にもなるし、これまでに刺激できていなかった筋にアプローチすることで成長の鈍化を防ぐこともできます。ぜひ、最近成長が実感できなくなってきていると思った方は今回の記事を参考にしてみて取り組み方を変えてみてください。

仙台市青葉区本町ののパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらより一度お気軽にお問合せください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP