仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

近年のフィットネスブームの追い風で、これまで一部の筋トレマニアのみが参加するイメージのあったボディメイクコンテスト(ボディビルなど)ですが、だんだん一般の方でも参加する方が増加しており、そのニーズに応えるようにして沢山コンテストを主宰する団体が増加して、大会参加への心理的ハードルがかなり下がってきています。

しかし、反面沢山の団体がいろんな大会を開催するようになって、大会がありすぎて初めて参加したいと思った方が一体どれから参加するべきか、どれが自分に最適な大会なのか迷ってしまう状況となっています。

パーソナルトレーニングジムである当施設でも、大会へ向けたトレーニングプログラムのご相談をいただくこともあるのですが、その際に先のようにどの大会へ出たらいいかといたご質問も頂戴しておりました。

そこでこの記事では現在ある主要なコンテストと、実際にどれに出るべきかについて書いていこうと思います。

主要な団体とカテゴリー

主要な団体がどのようなものがあり、それぞれどのようなカテゴリーで分けられているかみていきましょう。

まず主要な団体とそのカテゴリーを羅列します。
・JBBF(https://www.jbbf.jp
⇒男性:ボディビル・フィジーク
 女性:フィジーク・ミスボディフィットネス・ミスフィットネス・フィットネスビキニ
・FWJ(https://fwj.jp
⇒男性:メンズフィジーク・ボディビル・クラシックフィジーク
 女性:ビキニ・ウェルネス・フィギュア・ウィメンズフィジーク
・BBJ(https://www.bestbodyjapan.com
⇒ベストボディジャパン部門・モデルジャパン部門・マッスルモデル&フィットネスモデル部門(全てのカテゴリが男女共通)
・SSA(https://s-s-a.jp
⇒男性:フィジーク、ビースティ、ヘラクレス、サーフモデル、スタイリッシュガイ
 女性:ベティ、ビクトリア、ビキニモデル、ビューティーフィットネスモデル

まずは一般的に認知のある主要な団体はこの4つでしょうか。
それでは以下ではそれぞれの団体についてもう少し詳しく見ていこうと思います。

JBBF

スクリーンショット 2021-08-16 21.36.12

JBBF(日本ボディビル連盟)は様々ある団体の中でも最も古く歴史のある団体です。特にJBBFは競技スポーツとしてのボディビルというとらえ方をしており、沢山あるコンテスト主催団体の中でもドーピング検査に力を入れている印象です。

主催している主な大会は
・ジャパン・オープン・ボディビル選手権
・日本クラス別ボディビル選手権
・日本マスターズ・ボディビル選手権
・男子日本ボディビル選手権(ミスター日本)
・女子日本フィジーク選手権(ミズ日本)

FWJ

画像2

FWJ(Fitness World Japan)は、以前はNPCJという団体でした。

この団体の特徴はやはり真っ先にフィジークというカテゴリに着手し、フィジーク選手として活動するならFWJというイメージを作ったことでしょう。さらに、これまでのボディメイクコンテストでは実現が困難だった世界への挑戦という切符を手にするチャンスがあるのもこの団体のコンテストへ挑戦する大きなメリットでしょう。もし、今後プロとして活動したいという大きな目標のある方はぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

主催している主な大会は
・Hidetada Yamagishi, Iris Kyle Japan Classic
・オリンピアアマチュアJAPAN
・東京プロ
・ジャパンPRO

BBJ

スクリーンショット 2021-08-25 21.00.05

BBJ(ベストボディジャパン)は最近、歌手の西川貴教さんが参加され優勝したことでも話題となりましたね。数ある団体の中でもこの団体は非常に特徴的で外見の完成度のみではなく、内面の美しさも重視しており「知性・品格・誠実さ」といった部分も評価対象となっているようです。

主催している主な大会は
・ベストボディジャパン各地方大会、全国大会

SSA

画像4


SSA(サマースタイルアワード)夏が一番似合う男性・女性を決める大会。健康的でたくましく、スタイルが良く、そしてかっこよさを追求する世界初・身長別のスタイルを競う大会というコンセプトで行われています。多団体は微妙な審査基準の差はあれど基本的に共通のカテゴリの分類がなされていますが、SSAでは独自のカテゴリー分けをしています。また、審査基準には体格などだけでなくポージングの完成度なども求められるため多くの方に勝利のチャンスがある大会でもあるといえるでしょう。

初心者が参加しやすい大会は?

念のためお伝えしておきますが私は特にコンテストなどには参加していませんし、今後も参加する予定はありませんが客観的にみて評価基準や特徴などを加味して判断するとBBJが最も初心者の方でも参加しやすいのではないかと思います。

理由は
・大会がほぼ全国どこでも開催されている
・絞りやポージング、内面などの総合的な評価であるため大会参加が始めての方でも勝てる可能性が高い
・カテゴリのみではなく年齢でも分けられている
これらが挙げられます。

また、ポージングなどに関しても各地でポージングセミナーが開催されるのでそのへんの心配も少ないです。実際にこの手のコンテストに参加されている方の話を伺うとBBJ⇒FWJのような形で最初にBBJに参加し、そこからステップアップする形で多団体へ進む方もいるようです。

まとめ

私自身は参加していませんが、筋トレのモチベーションを高めるためにも上記に紹介したようなコンテストに参加するのも一つの手かもしれません。ぜひ、少しでも興味があるという方はいろんな団体の特徴などをしっかりと把握して自分にはどのようなコンテストが最適か考え参加してみてはいかがでしょうか。

仙台市青葉区本町ののパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらからお問い合わせください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP