仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

ご新規のお客様から尋ねられる質問で「やっぱりパーソナルジムはマッチョになるようなトレーニングや食事制限をしないといけないのでしょうか」といったものがあります。

これは良くも悪くも某有名ダイエット特化パーソナルジムの影響があるのかなと思います。こういったダイエット特化型のジムが多くできたことによって「ダイエットに悩んだらパーソナルジム」といったイメージが出来上がってきて体型改善の際のお店選びで最有力候補に挙がるようになってきました。

当然その影響は私の運営している当施設でも同様で、お越しいただくお客様の3~4割くらいは何かしらの理由でダイエットを決意された方がご来店くださっています。しかし、HPに記載しているように私が担当させていただくお客様はなにもダイエット希望の方だけではありません。競技力向上であったり、シンプルにベンチプレスなどで重いものを上げられるようになりたい方や、健康増進のために運動を楽しく正しく行いたいという方までいらっしゃいます。

本来であれば何かに特化した形でブランディングすれば、その方がお客様には刺さるとは思うのですが、特にそのようなことはしないで、とにかく『運動初心者の方のため』の場所であるということだけ謳わせていただいています。

なんでダイエットなどに特化させないか

これは卵が先か鶏が先か的な話題になってきますが、ダイエット(ここでは筋トレと食事によって綺麗に体型改善するという目的とします)というのは運動によって得られる効果の一部でしかないと考えていて、ダイエットのためにその時だけ運動するというのはちょっと違うかななんて思ったりもするからです。もちろん、大事なイベントなどに向けてカラダづくりをするのは大切ですが、そうではなく理想は運動を楽しんで自分の成長を実感できるようになっていったらいつの間にか体型も変わっていた!という形にななるべきではないかな考えています。

よく高額なパーソナルジムへ通ってみたけれどリバウンドしました!といった記事など見かけますが、それは当然なんです。カラダなんて実質はそこまで急激に変えるのは困難ですし、仮にかなりハードな運動と食事管理で変われたとしてもその生活を継続できなければ、その時の体型を維持するのは無理なのですから。

それよりも運動を愉しみ、今までできなかったことができるようになるなどの自己成長を楽しむことで結果としてあとから体型が変わってきたり、健康的になったなどの効果が得られれば、そもそも体型が変わることを目的としていないため、体型が結果的に変わってもそこで終わることなく継続して運動を習慣化できますし、その運動主観があるから急激なリバウンドの心配もないわけです。

食べたり呑んだり趣味を存分に楽しむために

実際、私自身はなんで筋トレを習慣的に行っているかというと仕事としてパーソナルトレーナーらしいカラダを作ることはもちろんですが、その他にも『食べたり呑んだり趣味を存分に楽しむため』という理由もあります。私は本当にお酒や食べ物が大好きでパーソナルトレーナーでありながら唎酒師の資格を有しています。それくらいにはお酒などが大好きなのです。また、妻と散歩してカフェに行ったりいろいろな体験をしてみることも大好きです。おそらく多くの皆さんと同様な思考をしているでしょう。しかし、これが不健康であったりカラダが自由に動かないとなるとお酒などを楽しむどころではありませんし、様々な遊びも制限されてしまい心置きなく楽しむことができません。だから、私はこれらを存分に楽しめるように習慣的に筋トレをして常に体調管理を気にかけているのです。あくまでも筋肉をつけてカッコいい体になりたいなどは筋トレすることで勝手についてきたというイメージです。

まとめ

もちろんダイエットのためにパーソナルジムをはじめ、ジムへ通うのは良いことです。しかし、それ以上に素晴らしいのは運動純粋に楽しむことです。運動を楽しんで体力や筋肉がつけばおのずと体型も改善されますし、そこから人生もイキイキと沢山のことがこれまで以上に楽しめるはず。ぜひ、ダイエットのためといわず運動を楽しむためにジムへかよってみてはいかがでしょうか。

仙台市青葉区本町ののパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらからお問い合わせください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP