仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

前々回の記事やそれよりも前に何度か有酸素運動はボディメイクの敵ではない、上手に活用することでむしろよりカラダが絞れるというお話をしてきました。今回はそれらの内容をふまえてまとめ的な内容にしていこうと思います。

有酸素運動は筋肉を減らさない

ボディメイクをしている人にとって最も避けなければいけない事態が筋肉が減少してしまうことです。せっかく増量期などに増やした筋肉が減量にはいって減ってしまっては非常に辛いですよね。

有酸素運動はこれまで、カロリーを消費し体脂肪の減少を促進してくれるばかりか一緒に筋肉まで分解する可能性が高いため減量の本当に終盤に行われることが多いようでした。

しかし、実際にはよほどの栄養不足などの過酷な環境下でない限り有酸素運動によって筋肉量が減少することはないようです。

ただし、やはり減量時をはじめボディメイクのための有酸素運動となると少々考慮するべきポイントはあるようなので以下にてご紹介します。

ポイント① 筋トレと有酸素運動は時間を離して行う

有酸素運動は筋肉量を減らしはしませんが、筋トレによる筋肥大効果を若干低下させる可能性があることがわかっています。よく、ダイエット時には筋トレの後に有酸素運動を行うことで代謝が高い状態となっており脂肪燃焼の効率が高くなるといわれていますがこれは事実です。

しかし、この項の最初に書いたように有酸素運動を行うことで筋トレの効果を下げる可能性があります。そのため筋トレを行ってすぐに有酸素運動を行うのはダイエット等で筋肉をつけるよりも急いで体重を落とすのが優先である場合などにしておく。もしくは少しでも筋トレの効果を下げないために筋トレを実施してから数時間空けるなどの工夫をするのがいいでしょう。

ただ、このように書いていますがこれ以外にも筋トレ直後にすぐ有酸素運動をお勧めする場合はあります。それは『面倒くさがりな方』の場合です。ジムに来たときは運動するけれども、それ以外ではなかなか運動習慣がないという方の場合筋トレ後にしばらく時間空けて、わざわざもう一度運動するなんてことはしません。だったら、どうせ筋トレしにジムに来ているこのタイミングで、少し遠回りして帰宅してもらえば、ついでに運動もできて心理的なハードルも低く実行しやすいのではないでしょうか。

ポイント② 生活になじませる

先ほどの項で書いたことと通じますが、日常生活の中で通勤や買いものを少し遠回りして普段よりも長く歩いたり、休日は体験型レジャーなどでアクティブに遊んで楽しみながらカラダを動かしたりするなど、生活をより活動的に営むことであえて有酸素運動の時間を確保するのではなく、自然と溶け込んでいる状態をつくってしまうということです。

世界中のほとんどの人間は筋トレで生計を立てているわけではありません。そのため筋トレはあくまでも限られた時間の中で行われるものです。だから、わざわざ筋トレを行うだけではなく有酸素運動の時間まで確保するというのは非常に難題なわけですが、生活の中で自然と行えるような活動で有酸素運動を行えればこの問題も解消できます。まずボディメイクで優先すべきはいかに筋トレの時間を確保できるかです。筋トレに時間をさけるように、かつ有酸素運動によるメリットも享受できるように上手に日常生活におとしこんでいきましょう。

ポイント③ 特異的筋肥大

あまり聞きなれないかもしれませんが、ようするに『使われた部位の筋肉が発達していくよ』ということです。例えば自転車こぎなどは太腿が疲れますよね。ランニングであればふくらはぎ、ボート漕ぎであれば背中や太ももなどが使われると思いますが、このように湯酸素運動を中心に行った場合にはこの有酸素運動によって使われた筋肉が筋肥大し、その他の筋肉は発達しないですよということです。

そのため有酸素運動のみ、もしくは有酸素運動と筋トレで有酸素運動の比率を多くという組む場合には自分自身が気になっている部位を使うような有酸素運動を選択してあげることで理想のカラダに近づきやすくなるでしょう。

まとめ

有酸素運動はこられのようなことをおさえたうえで行うと非常にカラダづくりに有効に働いてくれます。実際に私も以前はランニングやローイングマシンなどを筋トレと併用していましたが、非常にカラダが絞りやすくまた筋肉量の減少もかなり抑えながら進めることができました。ぜひ、皆さんも有酸素運動を上手に活用してボディメイクを成功させましょう。

仙台市青葉区本町ののパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらからお問い合わせください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP