仙台市青葉区本町にあるパーソナルトレーニングジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』代表の今野です。

プロテインダイエットってどうなんでしょうか?といったご質問を頂戴しまして、今回はそのご質問にお答えしたいと思います。

結論:プロテインダイエットは効果的です

先に結論から述べさせていただきますとプロテインダイエットは効果的です。まずここでお話しするプロテインダイエットは「食事をプロテインに置き換えること」とさせていただきます。

例えば朝食もしくは昼食などを1食プロテインに置き換えるなどの方法をとることで、まず単純に摂取カロリーが落とせる可能性が高いです。大体多くの定食のようなメニューでは5~600kcalほどであると考えられます。これをプロテインに置き換えれば大体1食あたり100kcal程度と考えると、およそ500kcal前後の摂取カロリー低減につながります。

さらにメリットとしてあげられるのが腹持ちが良いという点です。タンパク質は炭水化物などと比べて消化吸収に時間がかかるため、お腹に滞留している時間が長く満腹感が比較的長く継続します。先ほどの例では朝食等と置き換えるとしましたが間食を食べる習慣がある方などは、間食の代わりにプロテインを飲むことで食欲を抑え、さらに夕方などにこのタイミングを持ってくれば、特に食欲が湧きやすい夕食のタイミングに食欲を抑えることができます。

ただ、注意点としては一般的な食事から摂るよりもタンパク質以外の栄養の摂取が困難になります(商品によってはタンパク質以外にもビタミンなどを添加されているケースも)ので、他の食事の時間で十分に野菜などを摂取したり、それでも補えない場合はビタミン剤などのサプリメントの活用も併せて考えていきましょう。

どんなプロテインを選べばいいか

この点は非常に難しい点です。まず、筋タンパク合成や味などの面を考慮するなら基本的には最も一般的なホエイプロテインを選択すれば良いでしょう。

ただし、あくまでもダイエットという観点で腹持ちを考慮するならカゼインプロテインもしくはソイプロテインが優秀です。これらはホエイプロテインよりも体内で消化吸収されるのに時間がかかります。そのため、例えば次の食事まで時間が空いてしまい途中で強い空腹に襲われる可能性が高い場合などにはこちらを使うことも考えましょう。

あとは乳頭と人工甘味料の点です。もしプロテインをこれまでに飲んだことがありお腹を壊した経験がある方はこれらに対してあまり耐性がない可能性があります。
・以前牛乳など乳製品でお腹を壊した方
⇒ソイプロテイン
・人工甘味料が多量に含まれる飲料などを飲むとお腹がゴロゴロする
⇒プレーン味
乳製品や人工甘味料で不調になる場合は上記のようなプロテインの選択をしましょう。

基本はリアルフードでの栄養補給を心がける

人間のカラダはまだわかっていない部分も多く、一般的に知られている栄養(タンパク質・脂質・炭水化物やビタミンミネラルなど)以外にも食品からもっといろんな微量栄養素を摂って活用している可能性があるとされていたり、それらがどのように活用されているかもわかっていません。

サプリメントやプロテインも非常に手軽に栄養は摂取できますが、それ以外のまだわかっていない栄養などを摂取できなくなってしまいます。幅広く、いろんな栄養を摂ることもカラダづくりに有効な可能性がありますので、まずはしっかりとリアルフードで栄養を摂取する努力をして、それでもコントロールしきれない部分に関してサプリメントなどを活用するのがいいでしょう。

まとめ

全ての食事をプロテインで済ませるのはまずいと思いますが、上手に一部置き換えるなど活用してくことでダイエットなどを楽に進めることが可能です。特に家事育児、仕事などで忙しく思うような食事が摂れない方などはこのような手段をとるのがいいでしょう。

仙台市青葉区本町ののパーソナルジム『PersonalTrainingStudio-COMP-』はトレーニング初心者が目標達成するために必要なトレーニング方法や食事指導、生活習慣の改善を行っています。一人ではなかなかやり方が分からなかったり、つづけられるか不安だという方もプロのトレーナーと一緒なら目標達成できるはず!
初回無料体験レッスンも行っておりますので、こちらからお問い合わせください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP