こんにちは!
仙台市青葉区のパーソナルトレーニングジム「パーソナルトレーニングスタジオCOMP(コンプ)」です。

最近のフィットネスブームなどの影響で非常に多くのパーソナルトレーニングジムをはじめフィットネスサービスが増えており、ここ仙台市内でも多くのお店が出現しています。

これだけたくさんあると、お店選びにも一苦労ですよね。

そんな中で当ジムに通っていただいているお客様から「ここはしっかりとした資格を持ってサービスを提供しているから安心だよね」といったお言葉をいただくことがありました。

そこでせっかくなので、当施設ではどのような資格を保有してお客様へサービス提供しているかご紹介させていただきます。

保有資格

当施設トレーナーが保有してい主なトレーナー資格は
・CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
・NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
上記の資格になっております。

NSCAとは

当施設で保有している資格を発行している団体「NSCA」とは全米ストレングス&コンディショニング協会の略称で、アメリカのトレーニングおよびコーチングの教育団体の一つです。

NSCAは1978年に設立され、それ以降世界88ヵ国もの国々で多くのスポーツに関わる方々へ認定試験を通じて、資格を発行してきました。

現在もパーソナルトレーナー、ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、フィットネスインストラクター、スポーツ関連の医師など多くのスポーツに関わる人が、CSCSやCPTの資格を取得してトレーニングのプロとして活躍しています。

CSCSとNSCA-CPTについて

・CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
・NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)

上記資格についてご紹介します。

CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
CSCSは主にアスリート個人やスポーツチームなど競技アスリートのパフォーマンスアップに貢献するための資格といえます。

もちろん、資格取得のための学習では一般の方のカラダづくりに関わる知識なども習得しますが、メインは競技パフォーマンスのためのトレーニングテクニックやプログラムデザインなどの学習といった、より難度の高い内容となっています。

さらに、この資格はより高い知識量を求められることなどが求められることもあり、資格取得の要件に「大学卒業」が設けられており、そもそも資格取得までのハードルも高めに設定されているのが特徴です。

NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
こちらも先のCSCSと同様にNSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)が発行する資格です。

こちらの資格もCSCSのようにトレーナーなどスポーツ指導者のような人に取得されている資格でになります。

CSCSとの違いは、主な指導対象者がアスリートなどではなく一般のクライアントを対象としている点です。イメージとしてはCSCSがアスリートの今日日力向上、NSCA-CPTは一般の方のカラダづくりを目的としたものといった認識でいいのではないでしょうか。

どうせ教わるなら有資格者のいるジムへ行くのがおススメ

資格があれば何でもできるわけではありませんし、何か変わるわけでもありません。

ただ、資格を取得するためには最低限学ばなければいけない情報・知識・技術があります。資格は最低限それらを有しているという証明に他なりません。それはつまり、お客様のカラダを扱わせていただくトレーナー、そしてパーソナルトレーニングジムの責務ではないかと考えております。

トレーナーは残念ながら資格がなくともできる職業ではあるので、沢山あるパーソナルトレーニングジムやその他スポーツクラブにいるトレーナーさんでも資格を持っていないという方も少なくありません。

もし、しっかりと成果を挙げたい・安全にトレーニングしたいというなら有資格者のいるパーソナルトレーニングジムを選ぶことをおススメします!

最後に

当ジムでは今回紹介した資格以外にも当然保有しておりますし、今後もさらに学びを深めてお客様へより良いサービスを提供できるように努めてまいります。

仙台市内で質の高いトレーニング指導を受けたい、リバウンドのしないカラダづくりをしたいといった方はぜひ当ジムへお問合せください。
https://comp-gym.com

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP