ご新規のお客様から「資格とか持っているんですか?トレーナーさんってどんな資格があるんですか?」と聞かれることが増えました。

これまではほぼ聞かれることがなかったのですが「パーソナルジム・パーソナルトレーニング」というサービスが一般に浸透し、同サービスへの興味関心がより高まってきている証拠なのかなと感じます。

ジム自体のコンセプトがジム選びの基準であるというようなことも以前書きましたが、この資格というのも大事なジム選びの基準になりえます。

まず、そもそもトレーナーの資格を有していない場合もありますし(なんなら仙台市内でもまだ何も資格を持っていないというところも多いようです)、トレーナー資格とはいえ競技パフォーマンス向上が得意なものやボディメイク・ダイエットが得意なもの、リハビリが得意なものまで多岐にわたっております。

だからこそ、パーソナルジムを選ぶ際にはそのジムのトレーナーさんがどんな資格を持っているか確認しておくことも大切です。

一般的なトレーナー資格

特に認知度・評価共に高いトレーナー資格は以下のものが挙げられます。

・NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会パーソナル・フィットネストレーナー認定資格)
・JATI-ATI(特定非営利活動法人日本トレーニング指導者協会認定インストラクター資格)
・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー資格)

上記が代表的なものでしょうか。

当ジムで保有している資格と特徴

私自身が保有している資格は

・NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー資格)
▼特徴

健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。
指導対象者はアスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

パーソナルトレーナーのほか、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師などがNSCA-CPTを取得しています。

NSCA


・CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

▼特徴

傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。
指導対象は主にアスリート、スポーツチームです。筋力トレーニングや他の体力要素の指導だけでなく、施設を運営、管理することも重要な職務となります。また、栄養、ドーピング、生活習慣に関する指導など、教育者的側面も併せ持っています。

ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者などがCSCSの資格を取得しています。

NSCA

資格が何かを解決してくれるわけではありませんが、適切な知識を体系的に学んでおくことはお客様への指導に対して責任を持つ意味でも取得しておくべきと考え、上記資格をとりました。

筋トレ初心者がパーソナルジムを選ぶ際は資格を持っている方がいるところを

筋トレ初心者の方がジムを選ぶ際には、ぜひ資格保有者が担当してくれるジムを選ぶようにしましょう。

経験則ではなく、理論に裏付けられた指導を受けることで怪我をしにくいし、効果も実感しやすい知識・技術が身につきやすくなります。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP