運動を始めたけれど、なかなか習慣化できずに途中で挫折してしまった・・・

こんな経験をしてきた方は少なくないでしょう。

実際にCOMPへ通ってくださる方の中にも、以前スポーツクラブに通っていたけどだんだん行かなくなって、1年後には解約していたなんて方も。

筋トレすること自体けんこうに対して、とても有効な取り組みであると頭ではわかっていても継続するとなると途端に難しくなってしまいます。

そのような場合にどうすれば、継続して習慣化することができるのでしょうか。

最初はルール化して強制力を発生させる

だいたい多くの場合、ジムへ行くことを事前に数回分予定に組み込んでいたりするのではなく当日の朝に思い立って「今日は帰りにジムに行こうかな」といった感じでふらっと行く場合が多いかと思います。

ただ、この場合裏を返せば『行こうと思わなければ行かない』ということにもなります。

つまり気分によって行くか行かないか判断しており、行くか行かないかどうにでもなる状態なわけです。

気分でジムに行くか行かないか判断しているうちは「仕事が忙しくなってきたから」「帰り道に気になるお店ができてたから、帰りに寄ってさらっとお酒でも飲んじゃおうか」など何かしらジムに行かない理由をつけてだんだん足が遠のいてしまいます。

それを避けるためにも、ある程度ジムに行くことが習慣化もしくは楽しくなってくるまでは
毎週火曜日と金曜日の仕事終わりに1時間筋トレしてから帰宅する
等のように、明確なルールを作ってカレンダーやスケジュール帳などに予め書き込んでおくことでジムに行くことを日々の中に強制的に組み込んで、行動するかどうか”判断する”という段階を取り除いてとにかくすぐ行動に移しやすい形にしておくようにしましょう。

習慣化にはどのくらいの期間が必要?

以前は習慣化までに要する期間はおよそ21日程度と考えられていました。

しかし、実際には習慣化までの期間はその習慣化したい行動の難易度・労力などが大きく影響しており、簡単に今すぐ取り組めるような程度のものであれば18日、さらに難しいことであれば254日かかる場合もあるようです。

特に運動の場合にはおよそ3ヶ月ほどがかかるとされているので、まずはこの3ヶ月というのを目安に頑張ってみるのがいいのではないでしょうか。

トレーナーの習慣化するための取り組み

私自身はどうやって運動を習慣化したかというと、先ほどの「運動は3ヶ月で習慣化する」というのを利用し、事前に3ヶ月分のトレーニングメニューを作成(実施する重量やセット数、レップ数まで細かく決めていました)し、その上で『毎週週に4日、朝一で作成したトレーニングプログラムを実施する』というルールを課して実行しました。

ここで意識したのは「とにかく細かく計画を練って、実行するだけの状態を作り出して言い訳できないようにしておく」ことです。

パーソナルトレーニングジムこそ習慣化の第一歩におススメ

運動を習慣化するために、まず最初はある程度強制力があった方がいいでしょう。

また、継続をより強固なものにするためには継続することで、きちんとカラダが変化していくという成長の実感が得られるとなおいいです。

その点を踏まえると、ジムに通ってその状態を継続するために最初はパーソナルジムでトレーナーと予定をたてて強制力を働かせながら、トレーナーの正しい情報を基にトレーニングし効果をしっかりと実感していくことが重要なのではないでしょうか。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP